TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ

進路企画として行っている「大学で研究してみませんか」の二つ目の特別講義が行われました。

7月27日(金)に、桐朋高等学校卒業で、横浜国立大学理工学部数物・電子情報系学科准教授荒川太郎先生の研究室を訪問しました。参加したのは、高校3年生1名、高校1年生2名、中学2年生1名の計4名です。

まず、荒川先生から工学(エンジニアリング)の意義に関する説明があり、続いて、光エレクトロニクスが、光ファイバ通信、光ディスク、レーザーレーダーによる自動運転など、さまざまなモノやサービスで利用されていることについてご説明いただきました。そして、提案→設計→試作→評価という工学での研究の流れをご説明いただき、本日の内容が、それぞれの一部を体験するものであるとのご紹介がありました。

その後、研究室の大学院生の方々のご指導の下、研究の体験をしました。

まず最初に、光素子(デバイス)の設計に関するシミュレーション体験をしました。コンピュータ上ですでに組まれているビーム伝搬法(光がどのように伝わるのかを、デバイスを細かく分けて一つ一つ計算する方法)をもとに、一本の光ビームを任意の本数に分岐することを目的としたデバイスである多モード干渉計(MMI)の幅を変えることで、光ビームの伝搬がどのように変化するのかを観察し、光ビームを3本に分岐する幅、長さを設計するという体験をしました。

次に、試作に関する体験として、クリーンルームを見学しました。微細な光素子(デバイス)を作製する際に、細かい塵やゴミがあると不良に繋がるので、一般の環境よりもずっと塵の数が少ない「クリーンルーム(防塵室)」と呼ばれる実験室内で光素子(デバイス)の作成が行われます。横浜国立大学のクリーンルームは、クラス10000とクラス1000の2種類の部屋があります。クラス1000とは、一辺約30㎝の立方体内に0.5ミクロン以上の大きさの粒子が1000個以下である部屋を意味するそうです。ちなみに、われわれの住む環境はクラス100万程度になるとのこと。クリーンルーム内では、人間が主な汚染源となるので、身体から塵を出さないよう、無人衣と呼ばれる服を着ます。

続いて、試作に関するもう一つの体験として、高解像度走査型電子顕微鏡による観察を体験しました。顕微鏡を用いた観察において、光学顕微鏡は解像度が低く1ミクロン以下のものは観察できないため、光の代わりに波長の短い電子線を用いることで高解像度を実現したのが走査型電子顕微鏡です。倍率は5万倍からで、優れたものになると100万倍近くにも達するそうです。この顕微鏡を使って、光素子(デバイス)が設計通りに作製できているかなどを確認できるとのことです。

さらに、評価の体験の一つとして、光素子(デバイス)の特性を測定することに関連した体験をしました。本来は、作製した光素子(デバイス)の発行特性や光透過特性を評価し、望んだ通りの光素子(デバイス)ができているかを調べたりするそうですが、今回はその装置を操作し、測定の一端を体験しました。

加えて、電子制御を用いて動く水素で作った電気で走るトヨタMIRAIへの試乗も体験しました。横浜国立大学所有のMIRAIに乗り、新しい技術に直接触れることができました。

参加した生徒の感想です。
横浜国立大学を志望していて、オープンキャンパスなどよりも学校のことを深く知ることができると思い、参加しました。正直、横浜国立大学に行くのは初めてだったので、立地や環境、学生の様子などについても知ることができました。研究の内容は、おおまかな説明を受けるだけだろうと思っていましたが、大学院生の皆さんが丁寧に細かく説明してくださり、驚きました。自分がどこまで理解できたかは心もとないですが、どんな研究がなされているのかを知ることができて、大変勉強になりました。特に、水素自動車の試乗、クリーンルームへの入室など、普段体験できないようなことまで体験でき、貴重な機会となりました。ぜひ荒川先生からご指導いただけるよう、受験勉強に励みたいと思います。(高3)

校内に掲示された目新しいポスターが偶然目に留まり、工学に興味があるのでなんとなく、といった軽い気持ちで参加しました。大学という場所自体ほとんど行ったことがなかったので、研究室がどんなところかなど想像もつきませんでした。「光エレクトロニクス」という研究内容を十分理解できたとまでは言えませんが、大学の研究室という環境がどのようなものかを自分で体験でき、とても良かったと思います。大学は、身近なようでいて、実際は意外に知らない場所なので、今回の研究室訪問に参加して、実感を持って大学を知ることができ、とても嬉しく感じましたし、良い機会になったと思っています。(高1)

 

さる7月16日から19日の3泊4日で、高1の林間学校が、長野県大町市にて実施されました。

今回の林間学校では、8つのコースから各自2コース(1日1コース)ずつ、自分の行きたいコースを選び、さまざまな体験をしてきました。以下にコースの概要を記します。

A) 唐松岳登山コース
B) 八方尾根ハイキング&白馬ジャンプ台見学コース

C) 青木湖カヤック&高瀬ダム見学コース
D) 黒部ダム&あづみ野ガラス工房体験コース

E) 安曇野農業体験コース
F) 奈良井宿散策&漆研ぎ出し体験コース

G) フォッサマグナ探究&糸魚川市内散策コース
H) 安曇野サイクリングコース

各コースでは、違うクラスの友人たちとも触れ合う機会を得て、生徒たちは、日頃の学校生活では見せない表情を見せてくれました。

また、2日目の夜には希望者による「星空観賞会」が催され、予想を越えた希望者の多さに、まず驚きました。そして、都会では日頃見られない「満天の星空」のもと、地学部の生徒が「観賞の手引き」としてさまざま解説を加えてくれ、他の生徒たちも真剣に聞き入っていました。

3日目の夜には「クラス対抗ドッジ・ボール大会」が、生徒たちの企画で実施されました。当初、「高校生なのにドッジ・ボール?」とも思いましたが、係の生徒が「各クラスの『王様』が当てられた時点で敗退決定」などのオリジナルなルールを設定するなか、試合は『頭脳戦』の要素も加わり、教員の予想以上に大いに盛り上がりました。

そして最終日は、クラスに分かれて善光寺や松代大本営跡などを見学し、帰京しました。

帰京した後は、「夏期講習」、そして「夏休みの宿題」が待っていますが、学校を離れて生徒たちが楽しく過ごしている様子は、我々教員にとっても、とても喜ばしい光景でした。

林間学校の企画・運営に尽力してくれた林間委員の諸君、お疲れ様でした!

 

進路企画として、卒業生を中心に、各界でご活躍の方々に講演などをお願いしてきましたが、新たな取り組みとして、大学研究室訪問の機会を設けました。
題して、“大学で研究してみませんか”。
第一弾として、この夏、三つの特別講義が行われます。

7月10日(火)に、桐朋高等学校卒業で、千葉大学理学部生物学教授、松浦彰先生の研究室を訪問しました。参加したのは、高校2年生3名、高校1年生4名の計7名です。

まず、松浦先生のご案内により、研究室内のさまざまな施設を見学しました。

写真は、酵母菌を保存している冷凍ボックスについて、ご紹介いただいた場面です。この中には、松浦先生が学生の頃に培養した菌も大切に保存されているとのことでした。

さらに、助教の板倉英祐先生から実験用のマウスについて説明いただきました。

松浦先生から、最近の研究に関する講義、松浦先生と、ノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅良典先生との交流についてお話しいただきました。

さらに、研究の現場を体験する機会として、大学院生に、蛍光タンパク質を用いた細胞内構造の観察を実演いただき、研究の一端に触れることもできました。

参加した生徒の感想です。

・実際に大学生の方が研究している様子を見学でき、松浦先生の講義も受けられるという、たいへん贅沢な内容でした。さらに、大学院で研究されている方ともお話しでき、将来生物系の進路に進もうと考えている自分にとって、たいへん貴重な機会となりました。もともと蛍光タンパク質には興味があったので、実際に細胞小器官を蛍光タンパク質を用いた観察ができたのはとても嬉しかったです。(高2)

・進路についての方針が定まらず、迷っていたところ、研究室訪問の機会を知り、元々生物系に興味があったし、友人からの誘いも受けたので参加しました。研究室を実際に見学し、説明を受けることができたので、非常に参考になりました。また、生物学だけでなく、理系全体の受験に関するお話も聞け、たいへん勉強になりました。(高2)

・進路を考える上で、オープンキャンパス以外にも大学というものを見ておきたかったし、大学での「生物」はどのようなものかが気になったので参加しました。自分は生物系に興味があるのですが、生態、遺伝、分類、医学などのうち、何に進みたいかが決まっていません。今回「分子細胞学」の教授の方からお話をうかがい、研究室も見せていただけたので、今後を考える上での良い判断材料になりました。(高1)

・生物学科でどのようなことを学べるのかを知りたいと思って参加しました。研究や実験の様子を間近に見学でき、先生のお話だけでなく、学生の方からもお話を聞け、たいへん参考になりました。自分が思っていたより、学生が自由に自分の研究を進めていることが印象的でした。(高1)

・生物が好きで、大学で行われている研究に興味があったので参加しました。参加する前は、研究は一人だけで黙々と取り組むものだと思っていましたが、研究室では、コミュニケーションをとりながら楽しそうに研究していると感じました。自分の家族などに理系出身の人がいなかったので、理系に進むと将来どんな仕事に就けるのか、大学でどのような研究が行われているかなど、わからないことがいろいろありましたが、今回参加して、質問する機会がたくさんあったので、大学のこと、自分のやりたいことをするにはどの学部のどの学科に進めばいいのかなど、多くのことを学ぶことができました。(高1)

 

 

 

 

さる6月16日(土)、卒業して10年になるOB(62期生)22名を招き、以下の事柄をテーマとして、高校1年生に向けて話をしてもらいました。
・現在の仕事の内容(仕事の面白さ・苦労・工夫・やりがいなど)
・職業人としての生き方(夢や目標)
・高校、大学時代の職業に対する意識(高校時代にもっておくべき職業観)
・大学での専攻と現在の仕事との関係
・これから桐朋高校で3年間を過ごす高校1年生に向けてのメッセージ

以下に高校1年生の感想をご紹介します。
「『文系・理系の違いは、一部の仕事を除けば、実社会ではさほど関係ない。』ということを先輩方から聞き、意外に思った。一方で、将来は人の役に立つ仕事がしたいとずっと思っていたなか、理系に進むなら医療の仕事やAI関連の仕事に就いてみたいと興味を持った。」(T.K君)

「先輩たちは、自分の仕事にやりがいを感じ、仕事を面白いと思っているように感じた。また、先輩たちがその仕事に就くまでの話を聞いていくなかで、関係のないと感じることを切り離したりせず、広い視野を持つことが大切だと思った。そして、今やっている学校での勉強が将来を作っていくうえでやはり大切なんだと、あらためて感じた。」(R.K君)

 

一方卒業生からは、以下の声を寄せていただきました。
「『“本物”に触れさせる。子供だましではいけない。』という姿勢が桐朋の大事にしてきたところだと考えて、“本物”を、高校1年生に伝わる言葉で話しました。」
「生徒達のしっかりメモをとる姿や質問にくる姿などがとても頼もしく、私自身もまた、仕事の新たなモチベーションを得る機会にもなりました。」

高校1年のこのタイミングで進路選択を考える1つの契機にしてもらいたい、というのが進路指導部としての思いです。これを機会に生徒たちには、自分の興味や適性を見つめ直し、「自分探し」をしていくなかで、これからどのように生きていきたいのかについて、イメージを膨らませていって欲しいと思います。

進路指導部主任 三堀智弘

第67回桐朋祭のテーマソングが完成しました。

作曲者のコメントとともに、ぜひお聴き下さい!

 

第六十七回桐朋祭テーマソング「小さな奇跡」の作詞・作曲を担当しました、2年F組の中村響きです。

このような形で学校最大の行事と関わることができ、とても嬉しく思っています。

今回テーマソングを制作するにあたり、青春という言葉にぴったりな曲を作りたい考えました。

桐朋は自由な校風であるとよく言われますが、私は高校生になって、自由とは何か、徐々に理解してきたように思います。

どんなことにも興味をもち、一生懸命になったとしても、否定せず個性として認めてくれる友人たちや先生方と、どんなことでもできる環境が、私たちの学校の誇るべき自由です。

桐朋祭はまさにその象徴であり、私が思う青春とは、そういう一生懸命な桐朋生一人ひとりの姿です。

「小さな奇跡」はそんなイメージで、さわやかで熱い曲を目指して作らせていただきました。拙い作品ですが、ぜひ聴いていただければと思います。

 

また、演奏は74期学年のバンドメンバーを中心に行いました。彼らは桐朋祭委員としても中心的な役割を担いながら、アレンジなども積極的にこなしてくれました。

歌詞そのままの、全力の演奏もお楽しみ下さい。

下の音楽再生バーの左端をクリックしてください(音が出ます)

さる5月7日(月)、ホールにて、高校1年生に向けて進路オリエンテーションを行いました。
「なぜ、高校1年のこの時期に進路の話をするのか?」と感じられるかもしれませんが、『自分の生き方を見出す取り組み』は、とても時間のかかる作業です。そこで、高校生活の過ごし方について、卒業生と在校生の懇談会“在卒懇”をはじめとした様々な機会を活用しながら「職業・社会へのイメージ」「学問分野を探求しての文理の選択」「学部や学科の選択」「進学先の選択」へとつなげていく…という3年間の流れを紹介しました。また、『確実な力をつけていく取り組み』では、3年間の実力テストや模試のスケジュールを紹介しながら毎日の積み重ねの大切さを強調し、あわせて、個々のテストに際しては、その都度明確な目標を持ってレベルアップを図って欲しいと語りました。
さらに、高大接続改革に伴う大学入学者選抜改革に直面する中で、大学入試がどのように変わり、そのために今からどのような準備をしておくべきなのかについても話をしました。
そして最後に、今年度の大学入試結果を振り返りながら、日々の授業、部活動、委員会活動を大切にしていく中で、充実した学校生活を送り、成長していって欲しいとメッセージを送りました。
後日、PTAの会合があった際、「あの日、息子が突然自分の机を片付け出して…、そんな話をして下さったのですね!」と、保護者の方から直接お声をかけていただきました。生徒達がこの機会に刺激を受けて、まずは一歩踏み出してくれたことを嬉しく思います。

                                       進路指導部主任 三堀智弘

4月28日土曜日午後、本校70期OB(2015年度卒)の藤田創さんの呼びかけで、69期・70期・71期のOB5人が来校し、進路相談会が催されました。パネルディスカッションの形で、前半は、桐朋時代に考えていたことや、桐朋時代の経験が今にどう活きているかなどについて話を、後半は、進路や受験勉強についての話をしてくれました。最後に、参加した在校生からのすべての質問に丁寧に答えて、充実した会はお開きとなりました。藤田さんは在学中、年の近いOBと交流する機会が限られていると感じていて、こうした企画をこれからも継続して行いたいと言ってくれています。このメンバーでまた秋口に開催する予定です。今回は在校生への告知が直前だったこともあり、参加者は高校生7人でした。次回は多くの在校生が参加してくれるといいなと思います。

以下に、参加したOBと生徒の感想です。

本物志向が強い桐朋生には、受験なんてものは偽りの勉強かもしれません。私も、受験は通過点に過ぎないし、受験が終わってからがその人自身の味が活きてくる時だと思います。しかし、受験を鼻をつまんで通りすぎるのはもったいない。青春の大事な時間を僅かでも受験のために割くと決めたのなら、「たかが受験」からでも、色々なことを学んでほしいと思いますし、受験からも深い学びをしてきた人はその後の伸びが違うと大学にいても感じます。相談会でのそういった話から、後輩たちが自分なりに何か感じ取ってくれれば、嬉しく思います。在校生、卒業生とも”桐朋の香り”がして、私としても楽しいときを過ごせました。ありがとうございました。(69期OB 大貫渓介)

本当のことを言えば、気軽な気持ちでこの進路相談会に立ち寄ったのですが、来て本当に良かったなと思いました。名門大学に進学された卒業生5人に対して参加した人数が5,6人ほどだったので自分の将来についての悩みなどを深く尋ねることができました。僕が質問したことは、勉強というより勉強そのものが何なのか、大学そして将来の夢と勉強をどう関連すればいいかなどについてでした。どういう気持ちで勉強すればいいか、大学に行くことってどういうことなのかなど自分の中でモヤモヤしていた未来の道が少しだけくっきりと見えた気がしました。先輩達から頂いた言葉は僕の心にとても響き、一生忘れそうもありません。またこのような機会があれば是非行きたいです。(高校1年 O君)

今回、私は非常に多くのことを学びました。初めに、高校で学ぶさまざまなジャンルの勉強は、密接な関係がないように思える大学で習う基礎の基礎や応用に深くつながってくるそうです。そのつながりは、しっかり学習した生徒しか感じられないそうで、大学の学習をより面白いものするためにも高校の勉強は重要であることがわかりました。
さらに、海外留学はたとえ短い期間だとしてもするべきで、受験時にも有利になりやすいそうです。
最後に、在校生からの質問に答えてくださり、普段の生活や受験時の勉強法・心構え、推薦入試等について詳しく知ることができました。私が勉強法等で不明瞭だった箇所も明確になりました。
勉強や大学について、多くのことを学ぶことができ、参加して良かったと思いました。(高校1年 S君)

75期桐朋高校第一学年がスタートしました。桐朋中学校から進学した生徒に加え、新たに60名の仲間を迎えました。

新学期スタートにあたって、担任教員と桐朋中学校からの進学者の有志を交えて、高校から入学した生徒たちとの「食事会」を食堂で催しました。その後、有志の生徒たちが新しい仲間を連れて校内を案内してくれました。

また、「図書館オリエンテーション」「クラブ紹介」「先輩からのお話」などもおこなわれ、高校から入学した先輩からは「クラブや委員会に入って友だちをつくろう」「勉強とあわせて、さまざまな活動に参加しよう」など、具体的なアドバイスがありました。

高校生として「新しいスタート」に立った生徒一人ひとりは皆、出身中学に関わりなく、桐朋高校75期生です。彼らが等しく、お互いを理解し合い、主体的で充実した高校生活を送ってもらいたい…と、強く願っています。

さる3月19日、デンマークのIJG高校(Ingrid Jespersens Gymnasieskole-デンマークの私立高等学校。教育者であるイングリッド・イェスペルセンによって1904年に設立された―)の修学旅行生を迎えて交流会が催されました。本校からは中学3年から高校2年までの生徒約50名が参加し、生徒による校内案内、日本文化の紹介、「My Dream」と称したディスカッションなどをおこないました。日本文化の紹介では、折り鶴を英語で説明ながら一緒に作ったり、空手や柔道、縄跳びの実演も披露したりしました。たった1日でしたが、生徒たちは英語を用いての交流を楽しみました。

以下に、参加した生徒たちの感想を掲載します。

I had a great time with the students from Denmark. They got interested in Japanese culture such as origami and sado.  I tried to teach a lot about Japanese things, and learned many kinds of Danish things.  So I was able to have interest in Denmark and its culture.  If I have an opportunity to visit Denmark, I really want to take part in that program.  Today I was very happy to enjoy the exchange meeting with Danish students.  (中学3年 N君)

外国の方と話す機会は貴重だったので参加したが、いざ会ってみるととても緊張した。しかし、パートナーの人が優しく、僕のしどろもどろな英語でも真剣に聞いてくれたので嬉しかった。また、デンマークの方は背が高いことに最初に驚いた。デンマークの方の英語がとても早口で、普段聞いている英語とは違って、相手の言っていることを聞き分けるのにも苦労した。みんなで折り紙の鶴を折った時には、英語での説明の方法がほとんど分からず、身振り手振りで伝えていたが、結局完成したので良かった。何とか伝えようとする気持ちが最も大切だと感じた。苦労したことも多かったが、言葉の壁を乗り越えて、充実した時間を過ごせて、素晴らしい経験ができた。デンマークの気さくな国民性に触れることができたので、いつかデンマークを訪れてみたい。(中学3年 T君)

 

 

3月7日(水)に高2学年で英語スピーチコンテストを開催しました。

 

 

英語表現の授業の一環で、「心を動かした写真」「響いた言葉」「大切にしている物」のいずれかを選び約2分のスピーチを全員が作成しました。クラス予選で選ばれた13名が、学年のすべての生徒を前にスピーチをしました。2年前、中3の終わりにも東北修学旅行で撮った写真をテーマにしたスピーチコンテストを開催しましたが、その時よりもさらに堂々として中身の詰まった、また英語が聞きやすく魅力のあふれるスピーチがずらりと並び、オーディエンスを沸かせていました。

 

コンテストでは3名の受賞者が選ばれましたが、僅差で数名が続いており、総じてレベルの高いコンテストとなりました。

 

以下に、見事優勝した西村仁君のスピーチ原稿とコメントを紹介します。

 

 

“The Words That Inspired Me”

 

When I was a little child, my dream was to be an astronaut, because I was impressed by the words of astronauts; “Seen from space, no borders can be seen on the earth”.   So, in order to study the peaceful use of space, I decided to research “Space Law” at university.

Actually, there are no borders inside ISS, the International Space Station.  They are just “global citizens” regardless of nationalities. On the other hand, even nowadays, there are wars, conflicts, and terrorism on the earth.  I hope that we can develop  such borderless relationship from space to the earth.

On December 2015, an agreement was reached at the COP21 climate change summit in Paris.  196 countries participated.  The American former President Obama said, “Together, we’ve shown what’s possible when the world stands as one.”  And, although admitting that the deal was not “perfect”, he said, it was “the best chance to save the one planet we have”.  That was “a turning point for the world”!

Now is the time to take action.  Now is the time to communicate face-to-face, worldwide.  Not so easy, but, never give up.  “Where there is a will, there is a way”.  Because we are all one family on a “Spaceship Earth”.  Are we going to stand around here all day?  Or, are we going to move forward?  Are you?

 

 

 

<スピーチコンテストに参加して> 西 村 仁

中学の時、舞台上での初めての英語スピーチを経験させていただいた時、あまりの緊張で膝はガクガク、頭は真っ白になってしまった反省をもとに、高1・高2と外部のスピーチコンテストや模擬国連等にできるだけ参加するようにしてきました。なるべく自然体で臨めるようになるよう、自分なりには修行をしてきたつもりではいました。しかしながら、アクシデントというのはいつでも起こり得る可能性を秘めている、ということに今回改めて気付かされたのでした。

短いスピーチなので原稿はしっかり暗記はできている、プレゼン資料も事前に準備は整えた、本番では自然体で語りかけよう!と思っていました。ところが、本番、プロジェクターのリモコンが反応しない!出だしでいきなり焦ってしまいました。またもや頭が真っ白です。思いっきりボタンを何度も押していたところ、やや遅れて反応するかに思えました。しかし、こうしよう、ああしようと考えていた演出はすっかりぶっ飛んでしまい、何をしゃべったかも正直覚えていません・・・。

後から確認したところ、どうやらリモコンのスイッチが入っていなかったらしい。途中でそれに気づいた田中先生がPCでプレゼン資料のページを切り替えてくださっていたのでした。運動でも勉強でも、本番で100%のPerformanceを発揮し切るというのは、どれだけ難しいことか!ということに改めて気付かされました。緊張をコントロールしてプラスの力に変え、アクシデントがあっても臨機応変に対応するには、どうやら更なる修業が必要です(笑)。

スピーチやプレゼンテーションをする機会というのも、社会人ならともかく、学生だと意図的に作らないとなかなかチャンスはありません。今回、このような舞台で英語スピーチをするという企画をしてくださった先生方や、また、クラスで応援してくれたみんなにも大変感謝しています。ありがとうございました。

関連コンテンツ