Student's Board 生徒たちが思い思いにつづる学園ブログです

第71回桐朋祭テーマソング「 Everything`s gonna be alright」の作詞・作曲を担当した高2の宇田川晄椰です。

続くコロナ禍のため、僕の所属するスキー部が恒例で出店している飲食部門での参加は叶いませんでしたが、テーマソングという形で桐朋祭に関わることができてとても嬉しいです。以下はプログラムに載せてもらった僕の言葉です。歌詞と共に読んでいただければと思います:

コロナ禍になって3回目の文化祭、1回目、2回目はかなり規制され縮小しての開催、そして今年も通常の桐朋祭開催は難しかった。飲食部門はできず、各催しも常に距離感に気を配らなければいけない。それでも僕たちは最大限の知恵を絞り、皆の努力を集めて桐朋祭を楽しもうとしている。今年の桐朋祭のテーマは「渦」。渦は周りを巻き込む力を持っている。巻き込まれて溺れるのではなく、動いてぶつかって、大きな素敵な桐朋生の渦を作りたいという思いを込めてこの曲を作った。「Everything`s gonna be alright」とは「きっと上手くいく、全て問題は解決するから」という意味。桐朋祭はきっと上手くいく、そしてそれと同時に世界が僕達が今抱えている問題もきっと解決する。そんな希望を曲名に託した。

〜Everything`s gonna be alright〜

僕が歌えば君が応えて

皆へ繋がった思いは駆ける

当たり前の日々が消えた

君の素顔が見られない毎日つまんない

どうしてダメなんだ

わかってはいる だけど理不尽なこの世界が

どうして変われないの

いつしか忍んでいたこの思いが溢れそうで

あきらめた

我慢した

泣いた日々

もういいじゃん

二度と来ない

大切な

この一瞬を(ときを)

取り戻そう

僕らなら超えていけるこんな日々も

何度だって掴めその未来を

叫べEverything`s gonna be alright 最前線へ

巻き込んで巻き込んで全てを

僕ら色に染めよう

例え何回僕らが溺れて挫けそうでも

手を取り合って大渦となれ

叫べ Everything`s gonna be alright 最前線へ

振り返るな紡いでいく明日を迎えに行こう

(78期 高2 宇田川晄椰)

6
Jun
6

写真同好会の活動を紹介します。

 

長崎大樹(写真同好会代表 高校1年)

使用機材 NikonD3400 siguma150-600 nikon40mmマクロ

「写真同好会は昨年4月に設立しました。休日や長期休みなどを利用して撮影に行ったり、動画を制作したりしています。また、月に1回ほど、部員が個人で撮った、夜景や動物園、野鳥、鉄道、自然、様々な分野の写真について話し合う会(品評会)を行っています。

入部お待ちしております。

 

岡野春樹(写真同好会 高校1年)

使用機材 Panasonic LUMIX GH4 LUMIX 14mm140mm

「写真同好会では、まだ始めたばかりですが動画制作も少しずつ行っています。

私自身は動画制作の知識はあまりありませんので(笑)もし一緒にやりたいという方がいましたら一緒にやりましょう。ハードルは限りなく低いので。あ、あとGoProか動画機持ってる方入ってくれたらめっちゃ喜びます。(勧誘しすぎか、、、)」

 

宗高一織(写真同好会 中学3年)

使用機材 OLYMPUS Tough TG-6, Canon Power Shot SX70hs

「写真同好会の雰囲気は、すごく良いです。写真について品評会で先輩たちからコメントをもらえます。初心者の人も(僕ですが、、、)写真を撮ってれば上達してくる感じを味わえると思います。写真同好会のブログ(はてなブログ)もあります。桐朋祭では、部員がこれまで撮ってきた写真の中で、部員たちの自信作を集めて展示しています。この前の桐朋祭では、100枚程度を展示しました。出来たてほやほやの活気に満ち溢れた部活ですので、入部をお待ちしています。」

 

6
Jun
6

福島結人(将棋部主将 高校1年)

お気に入りの駒:角

理由:飛車や金駒などはストレートな動きをしますが、角は相手の思いつかないような場所に動くことができるからです。

「将棋には指す人の性格が現れます。将棋を通して相手とコミュニケーションをとることで相手との距離を縮めることができます。将棋は指せばただ強くなるだけでなく、礼儀作法や相手とのコミュニケーションのとり方を学ぶことができます。」

 

平山諒(将棋部会計 高校1年)

お気に入りの駒:金

理由:金は守りの要であり、また最終盤では決め手にもなる駒です。相手の金を取ることができれば守備力は低下し、相手の玉を仕留めやすくなるため非常に重要な駒だと思います。

「将棋は9×9のマスの中で無限大のパターンが生まれ毎回違った内容になるのが面白いところだと思います。僕は将棋を8年続けてきましたが、未だ最適解がわからないので将棋は非常に奥が深いなと思います。」

 

中川優弥(75期 将棋部OB)

お気に入りの駒:歩

理由:低い価値に見られがちですが、一つあるだけで面白い手になることもあるためです。

「先輩・後輩分け隔てなく活動することができます。最近の将棋ブームの影響で将棋を見始めた・知った人も多いのではないでしょうか。将棋は、部活内外問わず、全年齢話し合えるツールの一つになると思います。」

 

〈生徒会〉桐朋祭企画「生徒会による学校説明会」について

こんにちは。生徒会です。

もうすぐ桐朋祭です!! 生徒会では、桐朋祭において新企画「生徒会による学校説明会」を実施します。桐朋に興味がある小中学生と保護者の皆さん、普段の学校説明会では聞けない「桐朋生が語る桐朋」についてお話します。ぜひ来てください!!

時間:6月5日(日) 15:00~16:00

場所:ホール(共用棟1階)

内容:「普段の学校説明会では聞けない桐朋生から見た桐朋」をコンセプトに、生徒会が桐朋を紹介する

対象:桐朋に興味がある小中学生とその保護者

※事前予約等は必要ありません。

高校総務委員長 土田淳真

地学部は、去年桐朋祭大賞を受賞しました。桐朋祭大賞とは、桐朋祭に出展する団体の中で、最も高い評価を受けた団体への賞です。地学では、天文、地質、気象、ロケットなどを幅広い分野で活動しています。文化系で最大の部活の一つです。桐朋祭に向けて、桐朋祭大賞の受賞を目指して活動を行っています。

 

稲田孟(地学部主将 地質班・ロケット班 高校2年)

好きな星座:ふたご座(僕はおうし座です)

理由:合宿で冬の空を観測することが多くて、その中でいつも気に入ってみている星だからです。

「今年の桐朋祭は例年通り6月の日程で開催されるようになりましたが、今の後輩たちはその時期に行われる桐朋祭を経験していないので、そこのずれで準備に苦労している部分があります。そんな中ですが、今年も桐朋祭大賞を受賞できるように去年よりもグレードアップして準備を進めていきたいと思います。」

 

西堀智貴(天文班・ロケット班 中学3年)

好きな恒星:ベテルギウス

理由:名前が分かりやすいし、超新星爆発の予兆があり魅力的だからです。

「垂れ幕を作るときにインクをこぼしたり、飛び散らせたりして、小さなもめごとが起こったりしましたが、それなりの完成度を維持できているのではないかと思います。自分は垂れ幕を作ったりするのは苦手だけど、楽しくできていていいのではないかと思っています。例年の垂れ幕は、アニメなどの作品のパロディをしています。今年の桐朋祭では、進〇の巨人をリスペクトを込めてパロディしました。ぜひ当日お楽しみください。」

 

 

 

5
May
20

RMSとは、ルーツ・ミュージック・ソサエティーの略で、実質他校でいう軽音部です。活動は学校にある専用スタジオ(冷暖房完備)で練習しています。機材もたくさんあり恵まれた環境で練習しています。

 

 備瀬昂介(Gt. 高校3年)

お気に入りのアンプ:マーシャル

理由:楽だから

「音楽やりたい人もそうでない人もなんとなくカッコいいと思う人も一緒にバンドやりましょう。向かいある高校のキラキラ感に憧れている人は桐朋の方がより楽しい青春を過ごせると思います。」

 

 玉田大翔(Vo. 高校3年)

お気に入りのバンド:UVERworld

理由:作ってる音楽に幅があって多彩だから

「部活としてはとても自由度の高い部活なので気軽に入って楽しめます。桐朋祭のロックエリアや桐朋の丘でライブをしたり、桐朋祭のテーマソングを自分で作って演奏できます。」

 

 豊泉陽己(Dr. 高校3年)

お気に入りの音楽ジャンル:アニソン

理由:最近のは、二重の意味になっているものが多くて、もともと盛り上がることを想定して作られているから面白い

「外でのライブを通して、中高一貫にありがちな閉鎖的な交友関係を広げることができます。バンドに入れば明るい未来が待っています。」

 

 

 

4月20日に高校生徒総会が行われました!

 高校生徒総会(以下、総会)とは、桐朋高等学校に在籍する全ての生徒で構成される、高校生徒会の議決機関です。学期毎に一度定期総会が開かれ、今回が2022年度1学期の定期総会にあたります。今回の総会では昨年度と同様に、2021年度決算並びに2022年度予算案の承認に加えて、中央委員会(中高合同の生徒会執行部)及び高校総務委員会(高校生徒会)の活動内容の発表を行いましたが、例年とは少し異なる形での総会開催となったため、このページでご紹介させていただきたいと思います。

これまでの総会では、体育館に生徒が集い、スライドを用いて高校総務委員会が発表を行う方式と放送を用いた方式(都内の新型コロナウイルス蔓延状況を鑑みた学園側の要請に従う形)を実施していました。しかしながら、近年、各クラスにおける総会への関心が低いことが課題として挙がっており、これに対処すべく、今回の総会は初の試みとなる動画を用いた形式で実施しました。


 動画の脚本・撮影・編集を全て高校総務委員会で行ったために、動画が完成するまでに時間を要し、締め切り当日まで動画の編集作業を行うほど苦労を重ねましたが、最終的には一本の動画として、公開することができました。また、総会当日についても、生活指導部及び生徒会顧問の先生方にご協力いただき、大きなトラブルが発生することなく、各教室で動画を流すことができました。先生方には、この場をお借りして、御礼申し上げます。

 中央委員会の活動を紹介した「中央委員会議長が記憶喪失になった件」、高校総務委員会の活動を紹介した「桐朋STATION」をお送りしました。

 結果として、動画に多くの関心が集まり、生徒の皆さんの生徒会活動への関心が高まったことを感じることができました。また、総会後には多くの方々からお褒めの言葉を頂けたので、大変嬉しく思っております。皆様から頂いたご感想やご意見を生徒会活動にしっかりと活かして参ります。

このようにして、新しいスタイルではありながらも、我々としては”成功”と思える総会を行うことができました。

今後の生徒会活動にもご期待ください!

高校2年G組 土田淳真

3-Gの小関陽生くんが、下記の大会に参加し、素晴らしい成果をあげてくれました。以下は、その体験談です。

大会概要

「ロボカップジュニア・ジャパンオープン2022けいはんな」という大会は、2022年4月22日〜24日の期間けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)で開催されました。ロボカップジュニアの目的は、ロボットと共に未来を創流希望の未来へ向かおうというものです。ロボットの設計製作を通じて次世代のRobo Cupの担い手を育て、3つのリーグを通して、次世代のリーダーとなるための基礎基本を身につけられる協同学習の場を提供し、競争の先にある協調を目指します。

この大会に行った理由

小学6年生の頃から通っていたロボットの教室のようなものでこのロボカップという大会に参加しないかと声をかけてもらい、今回の大会まで参加し続けていて、4、5年前から全国大会に参加できています。今年の1月の地区大会で優勝することができ、全国大会に行く機会を得られたため酸化しました。

具体的にやったこと

僕がこの大会でやったことは、レスキューラインと言ったものに参加しました。レスキューラインというのは、白い30センチ四方のタイルの上に黒い線が引かれていて、その上をそれぞれのチームが、作ったロボットでその線をたどりながら(ライントレース)その線にある色々な障害をクリアしていきながら、どれだけミスなく早く走れるかを競うものです。またその中に、被災者部屋と呼ばれる縦90センチ、横120センチの床が真っ白で、10センチの壁に囲まれた部屋があって、そこにあるボールを被災者とみたてて、すくい上げてどこかの隅のエリアの中にそのボールを入れたらライントレースで得た得点に乗数が加えられると言った要素もあります。その競技を朝から調整して本番を計3回繰り返して、その合計得点で順位を決めるもので、僕たちのチームは、2位になりました。

感想

今回の大会で一番苦労したことは、環境の変化に伴う微妙な値のズレを見つけて修正することです。今回のけいはんなで行われた大会は、3月に予定されていた名古屋の全国大会が新型コロナウイルスの影響で中止になり急遽会場を押さえて開催されたものでした。そのため、普段は屋内で開催されるため、照明などの外から受ける影響があまりないのに、けいはんなイノベーションセンターは、外からの日光などを遮るものは、常設の隙間があるカーテンのみで、更に室内の照明もつかないといった環境なので、数字が5,6違うだけで大きくミスってしまうこの競技においては、過酷な環境でした。ただ、今回僕たちのチームは2位を取ることができたため、7月にある予定のタイで開催される世界大会に行ける可能性が生まれたため(まだチームが参加できるかは未定ですが)、今後も行ける可能性を信じて、ロボットの調整をしていきたいです。

 

今後…

僕はいまトヨタが行っている「ウーブンシティ」のような、ロボットなどを用いて近未来的な都市開発を進める建築の分野に興味があり、 将来はそういった開発をするような職に付き、自分が参加してきたRCJJの経験を活かしたいと思っています。

皆さんこんにちは、音楽部です。この度私達はこのような状況下ではありますが、3月25~27日に合宿を開催しました。

まず、今回の合宿は本部活動のOBが企画したものに現役生が参加させていただくという様な形で実現しました。また、新型コロナウイルスが流行している中での開催ということもあり、計画当初は開催が困難であるのではないかと考えられていましたが、様々な幸運が重なり開催することができました。ここではその様子をお届けできたらと思います。

今回の合宿では、初見大会という初めて譜面を見た曲をみんなで合奏するという企画を主軸に進んでいきました。そのような合奏の合間に、普段はあまり話さない先輩や後輩、OBとの交流が盛んに行われ、互いに親交を深めることができました。

このような楽しい合宿が開催できたことはとてもうれしく、また貴重な経験も得ることができたと思います。なので私は、このような行事が通常通りに開催できる日を心待ちにしたいと思います。

(高校2年 石井優斗)

てっけん(交通研究部鉄道研究班)では、主に桐朋祭に向けたジオラマ制作を行っています。

例年、夏休みには3泊4日で合宿を行っています。毎年部員で行先を決めて、鉄道に乗りに行きます。近年は、関西や四国、北海道などに行きました。

また、毎年有志の部員で部誌(研究雑誌)を作成しています。よろしければ、桐朋祭にいらっしゃった際にご覧になってください。

てっけんは桐朋2期生によって設立されました。今年で80周年を迎える歴史ある部活です。現在は79期~81期(高1~中2)の20数名で活動しています。先輩後輩の壁がなく、和気あいあいとした雰囲気の部活です。

柳澤佑太(鉄道研究班主将 高校1年)

ジオラマ制作

集合写真

部誌2021

関連コンテンツ