TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
高校

桐朋電子研がMFT2022 Young Maker Challengeで特別賞

11
Nov
10

熱気に満ちた2日間、思いがけない特別賞
2022年9月3日,4日に東京ビッグサイトで行われたメイカーフェア東京2022(MFT2022)に桐朋電子研が出展し,学生・学校区分の出展者を対象としたヤングメーカーチャレンジにて審査員の特別賞を受賞しました。(下写真は授賞式の様子です)

ものづくりの祭典
メイカーフェアはものづくりをする個人/グループ/企業が様々な創意工夫を凝らした製品,工作物を展示する集まりです。有名企業から大学の研究室・サークルまで幅広い作品を見ることができます。出展には審査がありますが,桐朋電子研は出展の機会をいただき,思いがけず特別賞まで受賞しました。本当に最高の2日間でした。
オセロをするロボットやNHK番組「魔改造の夜」に登場した作品の展示,会場内に響き渡るエグゾーストキャノンの音を聞き,工作はもっともっと自由にやって良いのだという確信と勇気をもらいました。桐朋電子研からはプリンターを改造した射的をはじめとする3作品を出品し、ブースには多くのお客さんが訪れて下さいました。中には桐朋OBの方も多数立ち寄っていただき,様々な出会いがありました。

廃材からはじまるものづくり
桐朋電子研は廃材の解体から機構を学び,廃材を活用して楽しめるものを作っていくという精神で活動しています。お金をかければ当然、良いものは作れます。しかし,あえて費用をかけないものづくりに挑戦することで創意・工夫が凝らされます。単純な部品でいかに複雑に魅せるか,アイディア勝負の世界です。今回出品した「射的プリンター」はプリンター本来の操作ボタンで狙いをつけたり,輪ゴムを発射できます。来場者からは「マイコンは何を使っているのですか」と聞かれましたが,マイコンは使用していません。マイコン(マイクロコントローラー)を使っていないのに使っているかのように思われるというのは大成功であると思っています。誰もが予想しなかった動きや予想の斜め上を行く廃材利用の仕方を今後も加速させていこうと思います。

結成5年目、新規メンバー募集中
2022年11月現在,桐朋電子研は学内の有志の集まりで,クラブ・同好会ではありませんが,同好会申請も視野に入れています。結成5年目で地道に活動をしてきました。在学中の生徒で,この活動に興味のある生徒は教員室千馬(せんば)までぜひ声をかけてください。

関連コンテンツ