TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
高校

桐朋祭に向けて制作中です【桐朋電子研】

5
May
10

2022年6月4日・5日の桐朋祭に向けて,桐朋電子研では制作を進めています。

結成5年目
5年前に78期有志(結成当時中1)で結成され,桐朋祭への出展は今年度で4回目になります。メンバーが高校2年生になった今回,来場者に驚きと楽しさを提供できるように過去最高の展示を予定しています。展示品は当日のお楽しみですが,ごく一部を少し紹介致します。

クラブではないため,基本的に廃材の再利用で工作を行ってきました。電子機器を解体し,電子部品や機構を回収。LEDやダイオード,コイル,電磁リレー,モーター,ネジやヒューズなどを再利用しています。

念願の3Dプリンター
昨年,桐朋同窓会からの資金援助『ゆめチャレンジ』を受け,3Dプリンター「Ender 3 pro」を稼働させています。
Fusion360やBlender(3D CADソフト)から3Dモデルを作り,休み時間にSTLデータ(3Dプリントのためのデータ)を入れ,授業が終わると造形物を回収する,といった忙しい生活を送っています。3Dプリンターを活かした作品も楽しみにしていて下さい。また,当日3Dプリンターの印刷実演も予定しておりますので,ご興味のある方はぜひお越しください。

2足歩行への挑戦
また,同じく『ゆめチャレンジ』プロジェクトで,2足歩行ロボットの制作も行ってきました。3月に初参戦となった『robo one light』(2足歩行ロボットの格闘技)に出場した機体の展示も予定しています。

さらに,昨年末,MISUMI(株)様の「学生ものづくり支援」の対象になったため,ヒートガンをはじめ,多くの道具や部品の支援も受けています。ヒートガン・熱収縮チューブによる絶縁が非常に役に立っています。この場をお借りしてお礼申し上げます。

【写真】MISUMIものづくり支援でいただいた物資

MFT2022への出展品も
機会をいただき,『Maker Faire Tokyo 2022』(2022年9月3日・4日東京ビッグサイトにて開催)で,廃プリンターを改造して作った「Shooting Printer」をはじめとする作品3点を出展します。射的のできるプリンター「Shooting Printer」は桐朋祭でも出品しますので,ぜひ魔改造の世界をお楽しみください!

【関連リンク】
桐朋電子研 Twitter
桐朋電子研 HP
電子研 MFT2021(昨年オンライン実施)の記事

関連コンテンツ