TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
高校

NPO法人映画甲子園主催『高校生のためのeiga worldcup2019』で優秀賞を

2
Feb
14

NPO法人映画甲子園主催『高校生のためのeiga worldcup2019』の最終審査結果が2019年12月7日に発表されました。本校高校2年生と他校生でグループを組み、作成した2作品、『Nah Nah Teen』が自由部門で優秀音楽賞、『彩光の一手』が地域部門で全国2位にあたる優秀作品賞を受賞しました。

本校生に向けた上映会を以下の日程で実施します。場所は、本校ホールです。

2月19日(水)~21日(金)の放課後、2作品合わせて1時間程度の上映になります。鑑賞を希望する方は、ぜひご参加ください。

監督を務めた太田慎一郎君のコメントです。

表彰式にて。『彩光の一手』が地域部門優秀作品賞を受賞した際の写真

「高校2年E組の太田慎一郎です。今回僕たちは桐朋内と外部の高校で有志を募り、その仲間で夏に映画『Nah Nah Teen』と『彩光の一手』を制作し、提出先の『NPO法人映画甲子園主催 高校生のためのeiga worldcup』という高校生映画の全国大会で、優秀作品賞と優秀音楽賞を受賞しました。もちろん、僕たちが身を削って作った作品で賞を頂けたのは大変嬉しいことですが、何よりも参加してくれたメンバーが制作中楽しそうだったことが、僕の一番嬉しかったことです。
僕は中学3年の終わりに有志で短編映画を作り始めました。その時は、”中学卒業記念”という名目で有志を募って、『映画が好きだから』『なんか作ってみたいから』という欲で作り始めたのですが、制作し終わってその映画を上映した時、2つのことに気付きました。ひとつは、みんなで同じ目標に向かって一緒に何かを作り上げることが、大変でもあり同時に楽しく、作り終えた時に大きな達成感があったこと。そしてもうひとつは、価値観も性格も違う人間同士が考えを共有するというのはとても素晴らしいということです。
桐朋では、部活や委員会など比較的同じようなタイプの人と行動することが多いです。だから僕たちが有志で集まって活動した時、とても刺激的な雰囲気が生まれました。小説をよく書く脚本の人もいれば、最新の技術が好きで知識がある人、アクションっぽく動くのが得意な人もいれば、リーダーシップを取ってみんなをまとめられる人、場を盛り上げてくれる人、普段は大人しいけど知的で想像力に溢れた人、絵を描くのが得意な人、ポスターデザインやデスクワークが好きな人、音楽を作れる人、サポートが好きな人、などなど、有志で集まると、本当に多種多様な人が集まります。そして参加してくれたメンバーから『あいつとはあまり喋ったことなかったけど、こんな面白い人だったんだ』とか『こんな考え方もあるのね』という声を聞き、本当にやりがいを感じました。もしかしたら、この複雑化した社会で、このように価値観の違いを互いに共有することはとても重要なことなのかも知れません。
そしてその後は『作りたい』という私的な理由よりかはむしろ『みんなが違いを共有できる場を作りたい』という理由で、短編映画に限らず、バンドを組んで音楽、日本語を交えた英語の演劇などを、今日まで有志で作り続けました。今回作品を作り上げることができたのは、参加してくれたメンバーだけでなく、協力してくれた先生やお店、外部の人など沢山の方や、桐朋という自由で個人のアイデンティティを尊重する環境のおかげです。今は多くの人への感謝の気持ちでいっぱいです。
今回受賞した2つの作品は、『NPO法人映画甲子園主催 高校生のためのeiga worldcup』のHPから視聴可能です。お時間のある時に、是非観て頂けると嬉しいです。
長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。」

作品のあらすじです。
「NahNahTeen」(35分)
人間関係や社会についての僕なりの考えを、7つのパートに分けて、ドラマとミュージカルでポップに表現した作品です!!
今作は桐朋生だけでなく、桐朋女子や学芸大附属高の友達とも一緒に制作しました!!
カメラワークや色使い、そして音楽にこだわり、映画甲子園では優秀音楽賞を受賞しました!!
そして、複数の視点を様々な方法で表現し、パートごとに雰囲気が違うのも今作の魅力なので、そういうところも楽しんで観て頂けたらなと思います!!

『Nah Nah Teen』の撮影最終日に撮った集合写真

『彩光の一手」(10分)

父親の転勤のため転校の多い主人公には、「故郷」と呼べる場所がない。今度の転校先でも、また同じことの繰り返しだとおもっていたのだが…。

“故郷”が今年の映画甲子園の地域部門のテーマであり、それに対して「故郷の無い人にとっての本当の故郷とは?」というアプローチで、少人数で制作し、映画甲子園では優秀作品賞を受賞しました!!
今作の脚本は、1年前に制作した「翡翠」に引き続き、高校2年大藏幹太君が担当しました!!
学校だけでなく、国立市内のあらゆる場所でロケをしましたので、是非そんなところも含めて楽しく観て頂けたらなと思います!!

関連コンテンツ