TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
高校

Kizuna Across Cultures Video Koshien 日米総合グランプリ受賞

3
Mar
22

学問などに対する興味を引き出し、学ぶ喜び、楽しみを知る機会として、希望者を対象として放課後に開講しているのが特別講座です。2018年度は、昨年度に引き続き、「日米文化交流 Global Classmates」が行われました。この講座は、アメリカのパートナー校の日本語を学ぶ高校生と、インターネット(メールやビデオなど)を介して週1回のペースで交流します。日米の高校生ともに、英語、日本語の両方を使ってコミュニケーションをするので、「生きた英語/日本語」を学び合うことができます。「日米文化交流Global Classmates」は、Kizuna Across Cultures(KAC)が運営するプログラムです。このプログラムに参加している約1、700名の高校生から選抜された日米6名ずつ12名がワシントンDCに集まり、「Global Classmates Summit」を行いますが、昨年度は本校生1名が選抜され、大きな活躍をしています。

グローバル・クラスメート・サミット

 

「Global Classmates」の活動の一つに、参加校が特定のテーマに基づいて数分の動画を作成しできばえを競うビデオコンテスト「Video Koshien」というプログラムがあります。日本の生徒は英語で、アメリカの生徒は日本語で作成します。今年のテーマは「友情(Friendship)」。本校高校1年生5名が参加し、日米の文化や教育に精通したグローバル・リーダーによる審査により、彼らの作品がグランプリを受賞しました。

 

 

 

 

代表の太田慎一郎君のコメントです。

「自由な発想で人とは違うものを作ってみようと思って応募しました。まさかグランプリがもらえるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。一緒に作った仲間とも、楽しい時間を過ごすことができ、良い経験になりました。来年も頑張ります。」

作品をぜひご覧ください。

Video Koshien

なお、高1学年は、学年通信を生徒が作成しています。以下は、今回の快挙を報じた学年通信です。

学年通信はこちらです。
学年通信(続き)はこちらです。

 

関連コンテンツ