TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
高校

高2スピーチコンテストが行われました

3
Mar
24

3月7日(水)に高2学年で英語スピーチコンテストを開催しました。

 

 

英語表現の授業の一環で、「心を動かした写真」「響いた言葉」「大切にしている物」のいずれかを選び約2分のスピーチを全員が作成しました。クラス予選で選ばれた13名が、学年のすべての生徒を前にスピーチをしました。2年前、中3の終わりにも東北修学旅行で撮った写真をテーマにしたスピーチコンテストを開催しましたが、その時よりもさらに堂々として中身の詰まった、また英語が聞きやすく魅力のあふれるスピーチがずらりと並び、オーディエンスを沸かせていました。

 

コンテストでは3名の受賞者が選ばれましたが、僅差で数名が続いており、総じてレベルの高いコンテストとなりました。

 

以下に、見事優勝した西村仁君のスピーチ原稿とコメントを紹介します。

 

 

“The Words That Inspired Me”

 

When I was a little child, my dream was to be an astronaut, because I was impressed by the words of astronauts; “Seen from space, no borders can be seen on the earth”.   So, in order to study the peaceful use of space, I decided to research “Space Law” at university.

Actually, there are no borders inside ISS, the International Space Station.  They are just “global citizens” regardless of nationalities. On the other hand, even nowadays, there are wars, conflicts, and terrorism on the earth.  I hope that we can develop  such borderless relationship from space to the earth.

On December 2015, an agreement was reached at the COP21 climate change summit in Paris.  196 countries participated.  The American former President Obama said, “Together, we’ve shown what’s possible when the world stands as one.”  And, although admitting that the deal was not “perfect”, he said, it was “the best chance to save the one planet we have”.  That was “a turning point for the world”!

Now is the time to take action.  Now is the time to communicate face-to-face, worldwide.  Not so easy, but, never give up.  “Where there is a will, there is a way”.  Because we are all one family on a “Spaceship Earth”.  Are we going to stand around here all day?  Or, are we going to move forward?  Are you?

 

 

 

<スピーチコンテストに参加して> 西 村 仁

中学の時、舞台上での初めての英語スピーチを経験させていただいた時、あまりの緊張で膝はガクガク、頭は真っ白になってしまった反省をもとに、高1・高2と外部のスピーチコンテストや模擬国連等にできるだけ参加するようにしてきました。なるべく自然体で臨めるようになるよう、自分なりには修行をしてきたつもりではいました。しかしながら、アクシデントというのはいつでも起こり得る可能性を秘めている、ということに今回改めて気付かされたのでした。

短いスピーチなので原稿はしっかり暗記はできている、プレゼン資料も事前に準備は整えた、本番では自然体で語りかけよう!と思っていました。ところが、本番、プロジェクターのリモコンが反応しない!出だしでいきなり焦ってしまいました。またもや頭が真っ白です。思いっきりボタンを何度も押していたところ、やや遅れて反応するかに思えました。しかし、こうしよう、ああしようと考えていた演出はすっかりぶっ飛んでしまい、何をしゃべったかも正直覚えていません・・・。

後から確認したところ、どうやらリモコンのスイッチが入っていなかったらしい。途中でそれに気づいた田中先生がPCでプレゼン資料のページを切り替えてくださっていたのでした。運動でも勉強でも、本番で100%のPerformanceを発揮し切るというのは、どれだけ難しいことか!ということに改めて気付かされました。緊張をコントロールしてプラスの力に変え、アクシデントがあっても臨機応変に対応するには、どうやら更なる修業が必要です(笑)。

スピーチやプレゼンテーションをする機会というのも、社会人ならともかく、学生だと意図的に作らないとなかなかチャンスはありません。今回、このような舞台で英語スピーチをするという企画をしてくださった先生方や、また、クラスで応援してくれたみんなにも大変感謝しています。ありがとうございました。

関連コンテンツ