TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
中学高校

待ちに待った開館です

9
Sep
11

パーンっというクラッカーの音。それと同時に入口前に並んでいた生徒たちが次々と入って来ました。それは、待ちきれないという彼らの気持ちを表しているかのようでした。
そう、9月4日の昼休み、5か月の眠りからようやく覚め、新しくなった桐朋中・高校学校図書館が開館したのです。
新しい図書館の窓はみや林の緑に面しており、静かで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。それとは対照的に、図書館の中央には雑誌コーナーと新刊・企画展示コーナーを囲むように、ポップな色合いのソファーが置かれ、生徒たちが本を持ち寄って憩える場所となっています。6万5千冊の所蔵を悠々と収めることができるだけでなく、さらに8万冊まで増やすことのできる書架が並んでいます。
新図書館オープンの昼休み、この図書館も生徒たちであふれかえり、貸出を待つ列が長く伸びていました。
図書館は、「知」や「想い」を積み重ねてできた本たちが集まる、いわば「知らない世界に通じる窓」です。ここで様々な形を持つ「知」や「想い」に触れ、考えていくことは、必ず人生を豊かにしてくれるはずです。新桐朋図書館は、そんな本と桐朋生をつなぐ出会いの場所となっていくでしょう。

関連コンテンツ