お知らせ

今年度の学校生活について

2022年4月20日

生徒一人ひとりが、安心・安全だと思える学校であるためには、学校としてすべきこと、生徒としてすべきことをそれぞれ意識し、自覚しながら様々に注意を払っていくことが必要不可欠だと考えます。そこで、生徒諸君には以下の内容を再度しっかりと確認し、その上で登校するようにしてもらいたいと思います。
また、保護者の皆様におかれましても〈学校の対応〉〈生徒への注意事項〉をご確認のうえ、ご家庭でできるご協力をお願い致したく存じます。具体的には、マスクの着用やこまめな手洗い、毎日の検温、平時より体温が高く体調がすぐれない時は無理をせず自宅で安静にさせるなどの声かけやサポートです。

〈学校の対応〉

 

【日課時限について】
正規の日課時限としています。始業時刻は8時30分です。
【授業について】
・原則、教員も生徒もマスク着用を徹底しています。
・三密を避けた授業づくりに留意しています。
【昼食について】
黙食の徹底をはかっています。
食堂では、密集と対面を避けるため、以下の対応を実施しています。
・座席を間引き十分な間隔を取っています。
・テーブルにパーテーションを設置しています。
【出席停止の考え方について】
以下のような場合には、欠席ではなく出席停止とします。
学級内等で感染が広がっている可能性が高い場合、学級閉鎖・学年閉鎖・休校、いずれかの措置を講じることがあります。
〇生徒の新型コロナウイルス感染症の感染が判明した場合
(主治医や保健所の指示に従ってください。学校へも情報をお知らせください。学校からの行動調査等にもご協力をお願いします。)
〇生徒に発熱等の風邪症状※が見られる場合
(発熱時は必要に応じて医療機関を受診し、主治医の指示に従ってください。本校の規定により、解熱剤他の薬の服用が終了してから48時間の良好な健康状態の維持を確認してから登校開始としてください。)
※風邪症状の例:発熱(37.5度以上または平熱より1.0度以上高い)・咳・息苦しさ・強い倦怠感・のどの痛み・味覚/嗅覚異常等
〇生徒が新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者もしくは濃厚接触者候補(学校による調査)の場合
(濃厚接触者になった場合は、保健所の指示に従うとともに、学校にも情報をお知らせください。)
〇同居家族に風邪症状が見られる場合
(その家族の風邪症状が治まるまで。)
〇新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種する場合
(当日の体調が良ければ登校して構いません。接種後、発熱等の症状が見られる場合は、自宅で静養してください。なお、複数日に渡って体調のすぐれないときは、医療機関を受診してください。)
〇罹患予防目的で欠席を希望するときは、出席停止として扱う場合があります。
①基礎疾患(免疫疾患、肺疾患、糖尿病、透析等)による免疫低下状態により主治医から登校を控えるように助言された場合は、主治医の診断書および指示書により、指示された期間を出席停止とします。不明点がある場合は、学校医と相談して個別の対応を決定します。
②感染経路のわからない患者が急激に増えている地域である等により、感染の可能性が高まっていると保護者が考えるに合理的な理由があると校長や学校医が判断した場合、指示された期間を出席停止とします。
【換気について】
本校では、全熱交換機による換気システムを使用しており、室温をほぼ変えることなく、外から取り入れた新鮮な空気を入れ替えることができ、他の教室と空気が混じることもありません。
【清掃・消毒について】
・共用教具使用の前後に手洗いを指導しています。
・すべての水場に手洗い石鹸を設置しています。
・水場のない共有スペースに手指消毒剤を設置しています。
・共用教具の消毒は教職員が行っています。
・全校生徒の共用区域(共用教室、手すり・トイレ等)の消毒は、清掃業者が行っています。

〈生徒への注意事項〉

 

【登下校について】
1)毎朝の体調チェックを必ず行うこと。
・学校で配布される「健康チェックシート」に毎日記録するようにしましょう。
・平時より体温が高く体調がすぐれない時は、保護者による欠席連絡をした上で、自宅で安静にしましょう(薬を服用しての無理な登校はしないようにしましょう)。
・万が一検温を忘れた場合は、保健室で測定してから教室に入りましょう。
2)登下校時のマナーやルールを守ること。
・大学通りも含め、複数人での登下校は控え、左側通行を徹底しましょう。
・不必要な会話・大声での会話は避けましょう。
【学校生活について】
1)「手洗い」をこまめに行うこと。
・登校時や教室移動の前後、共用物品の使用前後、昼食前は必ず「手洗い」をしましょう。
・石鹸を使用して隅々まで丁寧に洗い、30秒ほど水で流しましょう。
・清潔なハンカチやタオルなどを常備するようにしましょう。
・水場のない場では、設置してあるアルコール消毒液を使用してください。
2)マスクは原則着用すること。
・食事などのやむを得ない場合を除き、マスクは着用しましょう。ただし、マスク着用によって体調がすぐれないなど、支障がある時は速やかに教員に相談してください。
・授業中のマスク着用については、教科・科目・状況によって別途指示があります。
・咳エチケットとして「ティッシュなどで鼻と口を覆う」「とっさの時は袖や上着の内側で覆う」「周囲の人からなるべく離れる」ことを心掛けましょう(登下校中も)。
・使用済(交換するなどした場合)のマスクは各自で持ち帰りましょう。
3)休み時間の過ごし方にも注意を払うこと。
・休み時間はドアと窓を大きく開け、しっかり換気を行いましょう。
(対角線に開けると効率的です。)
・教室移動の際もマスクを必ず着用し、集団での移動を控えるよう努めましょう。
4)食事の際はできるだけ密を避ける工夫をすること。
・食事前には必ず手洗いをしましょう。
・昼食をとる際には、マスクを外しますので、喋らず、前を向いて食べるようにしましょう。
・食堂を利用する際は、指定された座席に座り、会話を避けて静かに食事をするようにしましょう。座席を移動して密接にならないように注意しましょう。
5)ゴミは各自持ち帰ること。
極力ゴミを出さない工夫や、持ち帰りの協力をお願いします。
6)体育館、グラウンドの使用については、以下の点に注意すること。
・密接しない。フィジカルディスタンスを意識して活動してください。
・道具の共有前後には、手洗いをしましょう。
7)放課後は速やかに下校すること。
・交通機関の混雑を避けるため、放課後のクラブや委員会等の活動がない場合は速やかに下校してください。
・放課後の活動は、下校時刻には完全に下校ができているように意識して活動しましょう。