お知らせ

学校再開にあたって

重要
2020年5月31日

新型コロナウィルス感染症拡大防止を念頭に置きながら、6月より学校生活を再開しました。このウィルスとともに、社会生活を一定期間営んでいかねばならないだろうという認識に立ちつつ、その時々の状況を考慮しながら、できる限り生徒たちの学びが充実したものになるよう、取り組んでいきたいと考えています。そのため、現在の感染の状況や夏に向けての気温の上昇などを考慮した上で、全員一斉登校に合わせて、新型コロナウイルス感染症に関する対応を一部変更することといたしました。生徒諸君は以下のことを確認した上で、毎日の授業に臨んでください。

最後に、保護者の皆様におかれましては、学校の対応にご理解をいただき、ご家庭でできるご協力をお願い致したく存じます。具体的には、マスクの着用やこまめな手洗い、毎日の検温、平時より体温が高く体調がすぐれない時は無理をせず自宅で安静にさせるなどのお声がけやサポートになります。どうぞよろしくお願いいたします。

以下に、コロナウイルス感染症に関する基本的な対応をご紹介します。下線を施したものが今回変更したものです。

【体調管理・衛生面の指導について】

生徒一人ひとりが、自分の体調への理解を持ち、それに応じた対応を取ることを指導します。

・毎朝の体調チェックを必ず行い、学校で配布される「健康観察シート」に記録する。

・平時より体温が高く体調がすぐれない時は、欠席連絡をした上で、自宅で安静にする(薬を服用しての無理な登校はしない)。

・万が一検温を忘れた場合は、登校後教員室で測定してから教室に入る。

・登校時や教室移動の前後など、こまめに「手洗い」を行う。ハンカチやハンドタオルなどを常備する。

・食事などのやむを得ない場合を除き、マスクを着用する。ただし、マスク着用によって体調がすぐれないなど、支障がある時は速やかに教員に相談する。

・マスクの着用のほか、咳エチケットとして「ティッシュなどで鼻と口を覆う」「とっさの時は袖や上着の内側で覆う」「周囲の人からなるべく離れる」ことを心掛ける(登下校中も)。

・使用済(交換するなどした場合)のマスクは各自で持ち帰る。

【時差登校と分散登校について】

登下校の際に通勤ラッシュと重なることを避けるため、当面は登校時間を遅らせ、下校時間を早めます。

【授業について】

集団感染のリスクが高い3条件(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声)が同時に重なることを避けるため、当面は以下の対応を取ります。

・授業中は原則、教員も生徒もマスクを着用する。ただし、熱中症に留意し、必要に応じてマスクを一時的に外してもよい。その際、飛沫感染防止のため、周囲に人がいないところで外す、マスクを外している間は話さない等の配慮を行う

ペアワークやグループワークは、感染症対策を行った上で必要最低限行ってもよいものとする。マスク着用に加え、一定の距離を保つ、回数や時間を絞る、グループの人数に配慮するといった対応を考える

生徒の発言はマスクを着用の上で行う。複数生徒が一斉に発言する際には、小声で行う等の配慮を生徒に求める

複数の生徒に板書させる場合は1m以上間隔をあける

・教材を忘れても、隣に見せてもらうことは禁止とする。

感染症対策を行った上で、集団で音読することを可とする。マスクをつけたまま、声量を絞る、他者に向かって話さないといった配慮を生徒に求め、回数や時間を絞った上で、最低限必要な音読を行う

黒板の前で生徒が全体に発言する場合は、生徒同士が1メートル以上離れてマスクをつけて行う

・特に、理科実験、音楽、体育の授業前後に生徒へ手洗いの呼びかけをする。

≪各教科での対応例≫

・運動時のマスク着用による身体への熱中症などのリスクを考慮してマスクを外した場合は、生徒の間隔を十分に確保する。

・音楽では、歌唱と管楽器の演奏は扱わない。

・技術・情報では、PC教室のパソコンは使用しない。

・家庭科では、調理実習と裁縫実習は当面行わない(家庭科室は原則使用しない)。夏休み中の福祉活動は行わない。

【昼食について】

密集と対面を避けるため、以下の対応を検討しています。

・中高で昼休みの時間をずらす。(中学12時05分~12時55分 高校12時55分~13時45分)

・食事前には必ず「手洗い」をする。

・ホームルーム教室だけでなく特別教室やテラスといった他のスペースも利用するなど、分散して食事をする。

・食堂では、座席を間引き十分な間隔を取る(着席数は通常の1/3程度)ので、指定された座席に従って座り、食事をする。

・食堂内の配膳時間を短縮するため、食堂の提供メニューを限定する。

【行事予定について】

感染拡大防止のため、1学期行事予定の一部を中止または延期することにしました。

・5月の中学遠足、高校スポーツ大会は中止。

・6月の中学スポーツ大会、高校演劇教室は中止。

・6月の桐朋祭は9月に延期予定。

・6月の高1在卒懇は2学期に延期予定。

・7月の中1・中2林間学校は中止。高1夏期行事は10月に延期予定。

・夏期講習は中止。

【換気について】

エアコンが不要の期間(時間帯)は、悪天候以外、二方向のドアと窓を開けて授業を行います。エアコンを作動させる期間(時間帯)は、ドアと窓は閉めたまま換気システムを作動させて授業を行い、休み時間にはドアと窓を開けて換気をします。

※本校では、全熱交換機​による換気システムを使用しており、室温をほぼ変えることなく、外から取り入れた新鮮な空気を入れ替えることができ、他の教室と空気が混じることもありません。

【消毒について】

・教職員と全校生徒の共用部分である食堂、各棟ドア、階段の手すり、トイレ(ドア、洗面台、個室など)は、清掃業者に消毒を依頼。

・ホームルーム教室、特別教室、教科教室などの各教室は、ドアノブ、タッチパネル、窓枠と窓鍵黒板消しの消毒を教職員により放課後に行う。

・教員・生徒が使用する共用の道具(教具、実験器具、清掃用具など)については使用後に教職員が消毒。

・水場のない共有スペース(食堂、図書館、体育館、中高昇降口など)、教科教室(理科、音楽など)には手指消毒剤を設置。

・水場(トイレを含む)には、手洗い石鹸を設置。

【出席停止の考え方について】

以下のような場合には、欠席ではなく出席停止とします。

○生徒本人の感染が判明した場合

○濃厚接触者と認定された場合

○かぜ症状がある場合

※医療的ケアを必要としたり基礎疾患などがあったりする場合には、担任にご相談ください。

※生徒・教職員の感染やクラスに複数の濃厚接触者がいることが判明した場合は、保健所や学校医と相談の上、学級閉鎖、学年閉鎖、休校、いずれかの措置を行います。

【カウンセリング体制について】

5月20日から、オンラインを活用してのカウンセリングを再開していますので、必要に応じてご利用ください。

【感染者、濃厚接触者などに対する偏見や差別の防止について】

感染者、濃厚接触者とそのご家族、新型コロナウイルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者や社会機能の維持にあたる方とそのご家族などに対する偏見や差別につながるような行為が生じないように、新型コロナウイルス感染症に関する適切な知識を基に、発達段階に応じた指導を行います。

【定期健康診断について】

生徒の定期健康診断は毎年度始めに実施しておりますが、今年度は現在のところ7月9日を予定しています。

※例年は健康状態を確認してから学校教育活動が開始となりますが、今回は開始後の健康診断実施となります。ご心配なことがありましたら保健室にご連絡ください。