お知らせ

「新型コロナウイルス感染症」への対応について

重要
2020年2月19日

新型コロナウイルス感染症について、ご心配のことと存じます。現段階においては不明な点が多く、状況が刻々と変化しているため、本校においては情報収集に努めるとともに、学校で対応可能な感染症対策を検討している次第です。保護者の皆様には、下記の内容をご確認の上、ご家庭におかれましても感染予防(感染しない・うつさない)にご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

  1. ご子息の日々の健康観察

〇新型コロナウイルス感染症の潜伏期間は、1日から最大14日間と考えられ、初期の症状としては発熱やだるさ、咳や息苦しさなどの呼吸器症状が報告されています。

〇毎朝登校前に体温を測定し、37.5℃以上の発熱時や上記の体調不良時には登校せず、必要があれば医療機関にご相談ください。

〇医療機関を受診して罹患の診断を受けたときは、診断名(罹患の疑いを含む)と医師の指示を学校にご連絡ください。

〇中国湖北省から帰国し、発熱や呼吸器症状がある場合や、感染者と接触した可能性のある場合は、学校にご連絡ください。

  1. 予防方法

〇普段からの体調管理として、栄養と休養を十分にとることが大切です。また、手洗い(石鹸を使用して20秒程度洗い、流水でよく濯ぐ)と咳エチケット(咳・くしゃみの際はハンカチやティッシュ、袖等で口や鼻を覆う)を行い、なるべく人混みを避けるよう、心がけてください。

〇通学で公共交通機関を利用しているときや、教室で過ごすときは密閉された環境になりがちです。マスクの着用をお勧めします。

〇学校では、手洗いの励行を呼びかけるとともに、各トイレにアルコール消毒液を設置しています。また、教室の換気や加湿器の使用を促します。集団行事の実施に対しては、本校として対応を検討しつつ、国など公的機関の指導に基づいて取り組む予定です。

  1. 罹患した、または罹患した可能性のある場合の対応

〇学校感染症の第1種として扱います。治癒するまでの間は出席停止期間となります(欠席にはなりません)。治癒した際には、医療機関から証明を受けた登校許可証(=治癒証明書、学校のホームページからダウンロードできます)を提出することで、登校が許可されます。

〇必要に応じ、学級閉鎖や学校閉鎖をする場合があります。

〇随時、必要な情報を発信しますので、学校からの連絡にご注意ください。

※以下に新型コロナウイルス感染症の関連記事、各機関のホームページを挙げましたので、ご参考にしてください。

参考:新型コロナウイルス感染症の関連記事

厚生労働省ホームページはこちら

総務省ホームページはこちら

【新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口一覧】
1.新型コロナウイルス感染症に関する一般相談

(予防に関すること、心配な症状が現れた時の対応に関すること等)

・東京都コールセンター 03-5320-4509  午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

2.発熱や呼吸器症状があり、中国湖北省・浙江省への渡航歴や患者との接触歴がある方の相談

(帰国者・接触者電話相談センター)

・自宅最寄りの保健所  午前9時~午後5時まで

・東京都の相談センター 03-5320-4592  平日夜間及び土日祝日の終日

3.厚生労働省電話相談窓口 03-3595-2285  午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

関連リンク