Student's Board 生徒たちが思い思いにつづる学園ブログです

「本気」

5
May
17

先週の金曜日に行われた高校春のスポーツ大会。
高1、高2、高3がそれぞれの学年でクラス対抗戦を行う。
種目はサッカー、バレー、バスケ、ソフトボール、卓球の5種目だ。
スポーツ大会の日(年に春と秋と二回ある)は最も桐朋が色とりどりに飾られる日であろう。
クラスごとに団結力を高めるためにクラスTシャツを作る。サッカーのユニフォームがメジャーだが、背ネームには桐朋生らしさが垣間見られる。
当日、桐朋は「拍手」と「笑顔」で包まれた。
それは、「本気」でやるから。
「本気」でやれば試合のレベルも上がる。
高3バレーではそれが顕著だった。今までの桐朋の体育教育の賜物であろう。
スパイクとブロックの連続。体育科の教師の口からも思わず「レベルが高い」との称賛の声も聞こえた。
レベルが上がればやる側も観る側も楽しくなる。
みんなが楽しめた一日であった。
高3生は、日頃クラス単位で授業を受けることが少ない。そのため、「クラス」の大事さを改めて感じさせてくれる良い機会だった。
勉強だけでなく、スポーツ行事にも「本気」で打ち込めるところ。これが桐朋生の「強さ」に変わっていくのだろう。
(高3 Y・H)

関連コンテンツ