クラブ短信 生徒たちが思い思いにつづる学園ブログです

地学部 モデルロケット全国大会で総合優勝

10
Oct
5

2015年10月3日にJAXA・筑波宇宙センターで行われたモデルロケット全国大会で、総合優勝いたしました。 DSC_6005s

DSC_6033s  種目は、パラシュート滞空時間競技、ペイロード定点着地競技、高度競技の3種目で行われました。 3人でチームを組み、チームごとの合計点を競います。本校メンバーは、パラシュート滞空時間競技において、高1の清水が第2位、高2の小道が第3位、中3の櫻井が12位の成績を収め、他の競技でも健闘したため、総合優勝を獲得することができました。

上の写真は、当日会場にいらした桐朋の大先輩の方に撮影して頂きました。ありがとうございました。
以下は、それぞれの競技の簡単な説明です。

パラシュート滞空時間競技:パラシュート仕様の機体で滞空時間を競う競技です。

ペイロード定点着地競技:決められた発射地点から打上げ、上空でストリーマー付きペイロードを分離し、ロケット本体は測定基点に近く戻し、ペイロードは測定基点から遠方へ着地させる競技です。

高度競技:最高到達高度を競う競技です。

詳しい情報は、モデルロケット協会のホームページをご覧ください。
http://www.ja-r.net/

関連コンテンツ