桐朋中学校・高等学校

TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ

さる10月17日~21日の日程で、中学3年生の東北修学旅行が実施されました。
今回はこのうち、20日と21日の様子についてお知らせします。

20日は龍泉洞・田老第一中学校・田老地区を訪れ、4月に桐朋で震災体験を語ってくれた
田老一中の皆さんと再会し、交流会の機会を持ちました。
交流会では、田老一中の中3生の皆さんが、生徒たちを温かく迎えてくれました。
その後の田老地区巡検では、「学ぶ防災」の方々のご協力のもと、
被災当時の様子とその後の復興状況について学習しました。
とりわけ、津波が田老地区を襲う当時の映像は、
生徒たちの心に強く、そして重く、刻まれたようです。

この日宿泊したのは陸中宮古国民休暇村でした。この日の夜には、
田老一中で用務員をされている琴畑喜美雄さんのお話も伺いました。
震災当時のリアルな体験談から、困難な状況下で、自分で判断し、
自ら行動することの大切さを、生徒たちは感じ取ったようです。

修学旅行最終日となる21日は中尊寺と毛越寺を訪れました。
学校で学んだ芭蕉の句を手掛かりに、奥州藤原氏の栄華と「悠久の時の流れ」を
感じつつ、東北の文化に触れました。

4泊5日という長い行程でしたが、生徒たちは、友人たちとのたくさんの思い出とあわせて、
さまざまな「学び」を体験してくれたようです。

さる10月17日~21日の日程で、中学3年生の東北修学旅行が実施されました。
今回はこのうち、18日と19日の様子についてお知らせします。

18日は奥入瀬渓流、十和田湖、御所掛温泉を訪れました。
紅葉に色づいた景色は、まさに「東北の自然美」でした。

続く19日は生徒が希望するコースに分かれての「コース別行動」の日でした。
農業体験・肉牛農家体験・わんこそば・リンゴ狩り・三陸鉄道・鉱山町訪問など、
バラエティーに富むコースで、生徒たちはそれぞれに、東北の自然・地理・産業など
多角的に学びました。自分の目と耳で「東北」を知る、良い機会となったようです。

この両日宿泊したのは岩手山麓網張温泉でした。18日の夜には、地元雫石で農業を営む
滝沢藤七さんのお話も伺いました。新しい農業にチャレンジされている滝沢さんのお話は、
生徒たちにとって、自分の将来を考える良い刺激になったようです。

去る10月18日(水)、高1学年の日が行われました。

学年の日は、例年行われている学校行事で、
高1学年が文化的な体験をするために設けられているものです。

今年度は、詩人の谷川俊太郎さんを学校にお招きして、
生徒からの質問に答えていただきました。

「谷川さんと語る会」と題して、
谷川さんの幅広い作品について、
生徒から谷川さんに質問し、それに答えていただくという形式ですすめられました。

谷川さんは、生徒の質問一つ一つにきちんと答えてくださり、
ご自身の翻訳や詩、学校教育についての考え方などについてもうかがうことが出来ました。

生徒もしっかりと話をきいて、有意義な体験にすることができたと思います。

谷川さん、本当にありがとうございました。

さる10月17日~21日の日程で、中学3年生の東北修学旅行が実施されました。
今回はこのうち、初日の様子についてお知らせします。

初日の17日に訪れたのは青森県の五所川原と三内丸山遺跡です。
五所川原では、太宰治の生家「斜陽館」と津軽三味線会館を訪れました。
生徒たちは、太宰が幼少期を過ごした「津軽」の風土を、
伝統的な津軽三味線の音色とあわせて感じ取ってくれたように思います。

三内丸山遺跡では、ガイドの方のお話に耳を傾けつつ、その広さと大きさに、
生徒たちは驚いていました。

この日宿泊したのは湯治場で有名な酸ヶ湯温泉。
生徒たちは「本物の温泉」を感じてくれたことと思います。

10月17日から21日の4泊5日の日程で高校修学旅行が行われました。
心配されていた天気も、かろうじて持ちこたえ、平穏無事のうちに西日本から帰ってきました。

本校の修学旅行は前半3日間にクラス別に旅先を決め、その後京都に集合し、後半2日間は京都を堪能します。
新学年が始まった高2の4月から修学旅行委員を中心に候補地を話し合っていきます。

旅行会社からすると、そこから7クラス×2泊分の交通手段と宿を取らなければいけないため、旅行会社泣かせの行事となっています。
おそらく、このようなスタイルの修学旅行は本校ぐらいかもしれません。

その後、委員と旅行会社の担当者が何度も何度も折衝し、オリジナル感たっぷりの行程が決まっていきます。

今年度のクラス別行程概要は次の通りです。
A組 屋島・金比羅宮・道後温泉・尾道
B組 天橋立・城崎温泉・大阪・淡路島・神戸
C組 大阪・奈良・京都
D組 厳島神社・広島平和記念公園・神戸ムスリムモスク・大阪
E組 高松・小豆島・オリーブ園・神戸・凱風館
F組 名古屋・長浜・琵琶湖・竹生島・安土・近江八幡・大阪
G組 尾道・生口島・しまなみ海道・道後温泉・大阪

たとえば、E組は・・・

小豆島エンジェルロードごしの朝 10/18

土庄の港で釣りしてのんびり過ごしました。

オリーブ公園で魔女になったりして

神戸で内田樹氏の自宅兼合気道場「凱風館」を設計した光嶋裕介さんに案内されたら、内田樹さんが2階から降りてきたり、

ツイッターにのったり

京都では、

大江能楽堂で、能を鑑賞したり

最終日は台風の影響で雨になりましたが、らくたびの若村亮さんと一緒に二条城をめぐったり

全力で楽しんできました。

〈このページはまだ完成してません。このあと準備ができ次第、順次更新していきます。〉

去る10月2日、高校秋季スポーツ大会が行われました。

例年、桐朋高校では中学運動会の翌日に、秋季スポーツ大会が実施されています。

春季スポーツ大会と同様に、今回も大いに盛り上がりました。

スポーツ大会では、委員の生徒が企画・運営の中心となりますが、
彼らが特に頑張ってくれたので、大きな事故や進行の遅れもなく、終えることができました。

特に高校3年生は、高校生活最後のスポーツ大会とあって、
並々ならぬ熱の入れようでした。高校生のみなさん、お疲れさまでした。

中学行事
9
Sep
30

9月20(水)の5限、6限の時間を使って、10月1日(日)に予定している運動会の予行練習を行いました。学年ごとにクラスの順位を競う「中1棒引き」「中2騎馬戦」「中3棒倒し」と、3学年が縦割りで協力しあって競う「大綱引き」「大縄跳び」の練習を行いました。予行練習とはいえ、上手くいった時とそうでないときに一喜一憂しながらかなりの盛り上がりを見せていました。各クラスとも勝つための戦術を運動会委員を中心に練っていきます。

【色別綱引き】(中1~中3合同色別対抗)

 

【色別大縄跳び】(中1~中3合同色別対抗)

 

【棒倒し】(中3クラス対抗)

 

【騎馬戦】(中2クラス別対抗)

 

【中1棒引き】(中1クラス別対抗)

 

 

 

77期中1学年では裏磐梯に行く林間学校の事前学習会を林間委員の総務班が担当しました。担当教員が現地下見の際にたまたまお会いした佐藤公さん(磐梯噴火記念館館長)、実は昨年の7月にNHKで放送された「ブラタモリ #44会津磐梯山」の出演者でもおられ、話し始めれば止まらないほどの火山好きでいらっしゃいます。その熱さとお話の楽しさに感銘を受け、「佐藤さんをお呼びして講演会を開こう」と担当教員が総務班に提案したところ、彼らも興味が湧き、佐藤さんへの電話による出演交渉から当日の進行まで、積極的に役割を果たしてくれました。

佐藤さんが来校されたのは6月26日(月)。生徒も「ブラタモリ」を見て準備万端です。「磐梯火山 – 火山との共生 –」と題された講演では、「火山のしくみ」「磐梯山の噴火」「1888年の噴火後の自然」「火山の監視とハザードマップ」「火山との共生」についてお話いただき、合間に「マグマの粘り気を変えると、火山の形は変わる」実験を行い、「磐梯山が噴火したときの泥流の動き」について立体地図を使って示してくださいました。

 

・質問タイム

 

・企画・進行をしてくれた林間総務班のメンバーと佐藤さん。山体崩壊を体の動きで表現するおなじみのポーズです。

 

以下に、生徒の感想を掲載いたします。

・僕は「日本には111もの活火山がある」ということや、「東京都は活火山の数が全国1位」ということを初めて知ったので驚きました。また、佐藤さんが火山の噴火について民話や実験を交えながら話をしてくださったのですごく印象に残りました。今回の講演会を聞いたことで、「早く林間学校に行って磐梯山に登りたい」という気持ちが強くなりました。

・僕は今回、佐藤公さんの講演会で様々なことを学ぶことができました。御岳山の噴火時に火山をよく知っていた人が、災害から逃げるためにどうしたか、また、東京に被害を与える可能性のある箱根山や富士山について、そしてテーマの磐梯山の山体崩壊と岩なだれのことなど、その他火山について多くのことを佐藤さんは話してくださいました。この機会に火山について今一度考えてみようと思います。

・今日は、磐梯山噴火記念館の佐藤公さんが、忙しい中遠い福島県からわざわざ桐朋に来て講演会を開いてくださりました。事前に磐梯山を調べていたのですが、新しく、たくさんのことを知りました。知っておくとよいと思ったのは、日本には111個の火山があり、富士山、箱根山は桐朋に被害をもたらす可能性もあるので、対策としマスク、ゴーグル、飲料を準備し、噴火したら頭を守ると良いということです。一番驚いたのは、とても大きい猪苗代湖も噴火によってできた流れ山にせきとめられてできたということです。これらを頭に入れて、林間学校を楽しみたいです。

・僕は、今回の講演会で火山の魅力や数多くの恵みがあることを知り、今回の林間学校ではそれらに注意して登山などをしようと思った。また、これらの魅力が多くある日本はとても珍しい国だと感じた。自分の住んでいる土地を知ることは自分の命を守ることや裏磐梯の住民のように自然と共生することにつながると思った。

・佐藤公さんの説明を聞いて、僕も火山ウィルス(編集注:火山に大きな興味を持つこと)に感染してしまったかもしれません。袋をしぼり、ねばりの強い火山とねばりの弱い火山の噴火の仕方の実験が面白かったです。始めの方に見た火山のビデオも美しいと思いましたが、佐藤さんが見に行った時の、溶岩が黒く光っているものも、とても美しいと思いました。

・先日、ブラタモリに出た佐藤公さんが、桐朋に来て、講演をしてくれた磐梯のことを詳しく知れたのでうれしかったです。特に、火山の噴火を再現した実験はおもしろかったです。また、ブラタモリであまり言われなかった、猪苗代湖のことや、昔の地名が命を守るということを知れたので、とても貴重な機会になったと思います。

昨日に引き続き、本日も桐朋祭の様子をご紹介します。

【左】<自由研究展示>中学生が夏休みに取り組んだ自由研究作品の展示を行っています。

【中】<サイクリング部>自転車の展示などをおこなっています。

【右】<総合案内所・荷物預かり>中学生徒会が責任をもってお預かり・ご案内いたします。どうぞご利用ください。

 

【左】<二歩亭>将棋部員が丁寧に指導致します。初心者の方もお気軽にお入りください。

【中】<かがくらぶ>化学部の展示のタイムテーブルです。

【右】<コンピューター部>生徒自作のゲームを楽しむことができます。

 

【左】ミス桐朋コンテストの様子です。

【中】高校二年生の一野君。特技のバイオリンを披露してくれました。

【右】<和っふる>和のテイストのワッフルを提供しています。

 

【左】<生徒による授業>高校生徒会の企画です。写真は「鉄道は本当に必要か」という授業の様子です。

【中】生物部の宣伝です。

【右】ロックエリアではバンド演奏が行われています。

【左】<コーラス部>毎年多くの来場者に来ていただいています。

【中】<中二学年参加>中二学年による桐朋中学の行事を紹介する展示です。

【右】<panino>パニーノを提供している飲食参加団体です。

 

終了後は中夜祭がおこなわれます。中夜祭は在校の高校生のためのイベントです。

野球部の出し物やバンド演奏など、例年非常に盛り上がりをみせます。

 

桐朋祭にご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。

ここでは桐朋祭1日目の様子を一部紹介します。

(以下、画像はクリックで拡大することができます。)

【左】2階テラスからは各団体の垂れ幕を見ることができます。

【中】【右】屋外では各団体の屋台が料理を提供しています。

 

【左】関心ラウンジでは壁にTOHOTVを上映しています。

【中】<中一学年参加>折紙のワークショップと折鶴のアートが展示されています。

【右】<林檎病棟>2教室分にまたがる大きなお化け屋敷です。

 

【左】<生物部>桐朋祭大賞の常連の生物部は今年も大賑わいです。

【中】<地学部>天文班の展示です。

【右】<Putt×2Golf>ゴルフ部員手作りのパターゴルフです。

 

【左】<中三学年参加>修学旅行で訪れる東北にちなみ、震災学習の内容と、一人ひとりの「震災の記憶」が展示されています。

【中】<美術部>絵画・陶芸に加え、トリックアートなども展示されています。

【右】<てっけん!>鉄道研究班の展示です。クイズも実施されています。

 

【左】<剣道部>第四体育室では剣道部の試合が行われていました。

【中】<佐助>体操部による来場者参加型の体験アトラクションです。

【右】<赤とんぼ>プラモデル、実物大パネルの展示に加え、景品付きクイズも実施しています。

 

【左】ステージでのTOHO大喜利の様子です。

【中】ラグビー部による屋台の宣伝をする生徒たちです。

【右】<森の中のクレープ屋さん>昨年、飲食団体部門の大賞を受賞した団体です。にぎわう様子がうかがえます。

 

 

本日来場して下さいました皆様、誠にありがとうございました。

桐朋祭は明日の6月4日(日)も開催しております。

明日の開催時間は、9:30~17:00となっております。

(露店・喫茶の営業時間は10:30~16:30、

オーダーストップはその30分前となります)

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。