桐朋中学校・高等学校

TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ

先日6月17日(土)に例年行われている高1在卒懇が開かれました。
在卒懇とは、社会で活躍する卒業生をHR教室に招いて職業や進路について語っていただく会のことです。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
本年は61期卒業生の方にお越しいただきました。

生徒たちはみな熱心に話を聞いていました。
本校の卒業生でもある先輩方の話は、生徒たちに訴えかけるものが多くあるようです。
高校生という進路を決める大事な時期にあたり、
これらの「生の声」に触れることが大切であると本校では考えています。


6月19日(月)に演劇教室があり、今年は国立劇場で歌舞伎鑑賞をしました。最初に、中村隼人さんが、初めて歌舞伎を見る人にもわかりやすく「歌舞伎のみかた」の解説をしてくださり、その後『毛抜』という演目を見ました。本校ではこのように毎年演劇教室があり、伝統芸能から劇などまで幅広く触れられる機会を作っています。その中で、今年は3年に一度の歌舞伎鑑賞の年でした。

昨日に引き続き、本日も桐朋祭の様子をご紹介します。

【左】<自由研究展示>中学生が夏休みに取り組んだ自由研究作品の展示を行っています。

【中】<サイクリング部>自転車の展示などをおこなっています。

【右】<総合案内所・荷物預かり>中学生徒会が責任をもってお預かり・ご案内いたします。どうぞご利用ください。

 

【左】<二歩亭>将棋部員が丁寧に指導致します。初心者の方もお気軽にお入りください。

【中】<かがくらぶ>化学部の展示のタイムテーブルです。

【右】<コンピューター部>生徒自作のゲームを楽しむことができます。

 

【左】ミス桐朋コンテストの様子です。

【中】高校二年生の一野君。特技のバイオリンを披露してくれました。

【右】<和っふる>和のテイストのワッフルを提供しています。

 

【左】<生徒による授業>高校生徒会の企画です。写真は「鉄道は本当に必要か」という授業の様子です。

【中】生物部の宣伝です。

【右】ロックエリアではバンド演奏が行われています。

【左】<コーラス部>毎年多くの来場者に来ていただいています。

【中】<中二学年参加>中二学年による桐朋中学の行事を紹介する展示です。

【右】<panino>パニーノを提供している飲食参加団体です。

 

終了後は中夜祭がおこなわれます。中夜祭は在校の高校生のためのイベントです。

野球部の出し物やバンド演奏など、例年非常に盛り上がりをみせます。

 

桐朋祭にご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。

ここでは桐朋祭1日目の様子を一部紹介します。

(以下、画像はクリックで拡大することができます。)

【左】2階テラスからは各団体の垂れ幕を見ることができます。

【中】【右】屋外では各団体の屋台が料理を提供しています。

 

【左】関心ラウンジでは壁にTOHOTVを上映しています。

【中】<中一学年参加>折紙のワークショップと折鶴のアートが展示されています。

【右】<林檎病棟>2教室分にまたがる大きなお化け屋敷です。

 

【左】<生物部>桐朋祭大賞の常連の生物部は今年も大賑わいです。

【中】<地学部>天文班の展示です。

【右】<Putt×2Golf>ゴルフ部員手作りのパターゴルフです。

 

【左】<中三学年参加>修学旅行で訪れる東北にちなみ、震災学習の内容と、一人ひとりの「震災の記憶」が展示されています。

【中】<美術部>絵画・陶芸に加え、トリックアートなども展示されています。

【右】<てっけん!>鉄道研究班の展示です。クイズも実施されています。

 

【左】<剣道部>第四体育室では剣道部の試合が行われていました。

【中】<佐助>体操部による来場者参加型の体験アトラクションです。

【右】<赤とんぼ>プラモデル、実物大パネルの展示に加え、景品付きクイズも実施しています。

 

【左】ステージでのTOHO大喜利の様子です。

【中】ラグビー部による屋台の宣伝をする生徒たちです。

【右】<森の中のクレープ屋さん>昨年、飲食団体部門の大賞を受賞した団体です。にぎわう様子がうかがえます。

 

 

本日来場して下さいました皆様、誠にありがとうございました。

桐朋祭は明日の6月4日(日)も開催しております。

明日の開催時間は、9:30~17:00となっております。

(露店・喫茶の営業時間は10:30~16:30、

オーダーストップはその30分前となります)

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

本日6月3日(土)、桐朋祭が開幕いたしました。

今年の桐朋祭テーマは「未来波」です。

「「未来波」という言葉は造語です。僕たち若者が作り上げていく世界が未来。

そして、その創造力の眠る僕らの日常を伝えるという意味の波。これらを合せたものが「未来波」です。

桐朋生の発信する日常を肌で感じてください。それが僕たちと来場者の方々、双方の

非日常となります。日常と非日常の織りなす桐朋祭という異空間こそが未来を創造する源となるでしょう。」

(桐朋祭副実行委員長 糸賀大介君の「桐朋祭テーマ解説」より)

(開会式の様子)

今回の大垂れ幕は「象」です。

波に囲まれても逆境に負けず前へ進む象には、

「困難にぶつかっても鋭敏な感性で未来へ力強く進みたい」という意味が込められています。

この大垂れ幕のもとで行われた開会式は、

来場者の方との一体感を大切にしようとする委員の生徒たちの強い気持ちを感じ取ることができました。

生徒達が一から作り上げた文化祭になっています、お越しいただければ幸いです。

次回の記事では桐朋祭の様子について紹介したいと思います。

 5月12日(金)、晴天の中、高校生の春季スポーツ大会が実施されました。
 桐朋高校では、毎年スポーツ大会委員の生徒の運営のもと、
春季(5月)と秋季(10月)にスポーツ大会が行われています。
 各学年がクラス対抗でソフトボール、サッカー、バレーボール、
バスケットボール、卓球の五種目の競技を行い、総合得点によるクラス順位も決めます。
 このスポーツ大会は生徒にとって重要な行事の一つで、
各クラスが団結して大いに盛り上がります。
 高2・高3学年は専用のクラスTシャツもつくって結束力を高めていました。

 なお、今回のスポーツ大会は高1、高2、高3ともにF組の総合優勝で幕を閉じました。

4月30日(日)、晴天のなか、高入生対象の高尾山ハイキングが実施されました。
これは公式の学校行事というわけではないのですが、例年慣例的に実施されているものです。
今年度もほとんどの高入生が参加してくれました。

このハイキングは、
・高入生どうしの交流を深めて学校生活に馴染んでもらうこと、
・林間学校などで実施する本格的な登山のための足慣らしをすること、
などをねらいとしています。

今回は晴天にも恵まれ、富士山もみることができました。
生徒たちは会話と景色を楽しみながら、無事に約5時間のハイキングを終えました。

 さる4月12日(木)に、岩手県宮古市田老一中との交流会が桐朋で開催されました。会は3部構成で、1部は田老一中による発表、2部はホームルーム教室での交流、3部はホールにて交流会の感想発表と田老一中・桐朋中学が一緒に「花は咲く」を合唱するという内容でした。
津波に繰り返し苦しめられてきた田老で暮らす中学3年生のお話は、同い年である桐朋生にとって非常に印象深く、考えさせられることが多くありました。以下に生徒の感想をご紹介します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 僕は「田老を語る会」の田老第一中学校3年生たちの発表で、「地震のとき自分の親がなかなか迎えに来なかった」というのが一番印象に残りました。周りの人は両親が迎えにきて一つの絶望が希望に変っていくなか、自分だけがまだ絶望の中に取り残されている、という気持ちがよく伝わってきたからです。
 中学3年 RS君

 田老第一中学校の生徒による発表は、僕たちと同じ年齢なので心情を理解しやすく、とても心に沁みる内容でした。特に、津波から逃げるために道の無い場所を駆け上り、田老の町を見つめても、ただただ泣くことしかできなかったという話は感慨深かったです。僕が過去に田老を実際に訪れた時に市の職員の方からうかがった話は町全体の状況だったので、被災した人それぞれの気持ちについて話を詳しく聞くのは今日が初めての体験でした。十月の修学旅行で、自分の目で津波の爪跡を見て東日本大震災について深く掘り下げたいと思います。
 中学3年 AT君

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 また、当日の様子はNHKのニュースでも放映されました。以下はインタビューを受けた生徒のコメントです。
「今までテレビでこういう震災のことはいろいろ見てきましたが、今日のお話にはそれとは比べものにならない迫力を感じました。当たり前が当たり前じゃない、幸せなんだということが一番心に刺さりました。」  中学3年 KK君

4月10日(火)と4月11日(水)の午後に
高入生78名を対象としたオリエンテーションが行われました。

(1)横山スクールカウンセラーによる講話
本校に勤務されている横山スクールカウンセラーから高入生にむけて30分ほどお話があり、
最後に質疑応答がありました。
・桐朋高校の高入生であったご自身の経験談
・高入生が抱えがちな悩みとその解決策
・よろず相談室の利用案内
などについてお話をいただきました。

(2)在来生による校内案内
中学からの桐朋生の有志30名による校内案内が実施されました
生徒が独自の視点や考えで、校舎の施設など校内を紹介してまわりました。

(3)食堂利用講習
新高1の担任教員を中心に、食堂の利用講習を行いました。
高入生は食券の買い方や下膳のしかたなどを学びました。

(4)図書館利用講習
図書館司書を中心に、図書館利用講習を行いました。
高入生には、必ず1冊を図書館で借りて、期日までに返却するというミッションが課されました。

(5)高入生によるレクチャー
先輩にあたる現高2の高入生4名が新高入生にレクチャーを行いました。
桐朋高校の魅力、これから桐朋高校で生活するにあたってのノウハウや注意点などについて、
生徒目線から丁寧に話をしてくれました。最後に質疑応答の時間がとられました。

先日4月8日(土)、満開の桜の中、桐朋中学校・桐朋高等学校の入学式が行われました。
新入生の皆様、御入学おめでとうございます。
また、天候が不安定ななか、たくさんの保護者の方にお越しいただきました。ありがとうございました。

高校の入学式の様子