TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ
中学高校

デンマークの修学旅行生との交流会が催されました。

3
Mar
30

さる3月19日、デンマークのIJG高校(Ingrid Jespersens Gymnasieskole-デンマークの私立高等学校。教育者であるイングリッド・イェスペルセンによって1904年に設立された―)の修学旅行生を迎えて交流会が催されました。本校からは中学3年から高校2年までの生徒約50名が参加し、生徒による校内案内、日本文化の紹介、「My Dream」と称したディスカッションなどをおこないました。日本文化の紹介では、折り鶴を英語で説明ながら一緒に作ったり、空手や柔道、縄跳びの実演も披露したりしました。たった1日でしたが、生徒たちは英語を用いての交流を楽しみました。

以下に、参加した生徒たちの感想を掲載します。

I had a great time with the students from Denmark. They got interested in Japanese culture such as origami and sado.  I tried to teach a lot about Japanese things, and learned many kinds of Danish things.  So I was able to have interest in Denmark and its culture.  If I have an opportunity to visit Denmark, I really want to take part in that program.  Today I was very happy to enjoy the exchange meeting with Danish students.  (中学3年 N君)

外国の方と話す機会は貴重だったので参加したが、いざ会ってみるととても緊張した。しかし、パートナーの人が優しく、僕のしどろもどろな英語でも真剣に聞いてくれたので嬉しかった。また、デンマークの方は背が高いことに最初に驚いた。デンマークの方の英語がとても早口で、普段聞いている英語とは違って、相手の言っていることを聞き分けるのにも苦労した。みんなで折り紙の鶴を折った時には、英語での説明の方法がほとんど分からず、身振り手振りで伝えていたが、結局完成したので良かった。何とか伝えようとする気持ちが最も大切だと感じた。苦労したことも多かったが、言葉の壁を乗り越えて、充実した時間を過ごせて、素晴らしい経験ができた。デンマークの気さくな国民性に触れることができたので、いつかデンマークを訪れてみたい。(中学3年 T君)