桐朋中学校・高等学校

TOHO Today 桐朋トゥデイ

  • 中学
  • 高校
  • 行事
  • クラブ

特別講座「Cultural Conversation Ⅱ」見学レポート

3
Mar
4

 本校では通常授業の他に、主に放課後の時間を使って行われる特別講座が開講されています。特別講座においては、それぞれの教員が自分の専門性を活かして、様々な内容を通常の授業よりもさらに深い形で講義・演習・ディスカッションなどを行います。本日は、本校英語科の外国人と日本人の2人のティーム・ティーチングによる講座、Cultural Conversation Ⅱについてレポートします。

 本講座は中学3年生・高校1年生を対象としています。活動は全て英語で行われるので、英語のリスニングやスピーキングの練習となっています。また、世界の様々な文化事情を学び、ペアワークやグループワークを通じてお互いに意見交換をすることによって自らの視野を広げていくことも大きな目標の一つです。授業ではインターネット検索も活用し、自ら課題を持って調べたことを他者と共有することも行います。

 今日の授業のトピックは海外旅行。まずはgoogle mapを用いて自分が行きたい国、場所を検索します。その後、生徒はgoogle mapに出てくる写真を用いて場所の解説を自分のペアに行います。イギリスのビッグ・ベン、フランスのエッフェル塔、デンマークの人魚姫の像、カンボジアのアンコール・ワット、中国の万里の長城、エジプトのピラミッド、ペルーのマチュピチュやボリビアのウユニ塩湖…。次々に出てくる写真を用いて、生徒は旅行ガイドの気持ちになって自分のお気に入りの場所について熱く語っていました。

 その後、教員が自分の新婚旅行で行った国の一つ、クロアチアについて説明。自分で当時撮影した写真や、Youtubeの動画を用いてクロアチアの代表的な観光スポット(首都のザグレブやアドリア海の真珠とも言われるドブロブニク、緑の美しいプリトヴィツェ湖群国立公園など)や特徴を説明した後、生徒はクロアチア観光局のホームページ(英語版)を実際に開いて更にクロアチアの魅力(美しい緑、海、古都など、様々な表情がある)や旅行のコツ(気候や通貨、交通手段など)について調べました。そのような中で、ガイドブック/旅行アプリ、sim card/Wifi、外貨/クレジットカードのどちらの使用を旅行の際に好むか、という話が出てきたので、生徒同士でディスカッションを行いました。多くの生徒が手元に本や現金がある方が実際は便利で安心と答えた一方で、旅行アプリやクレジットカードの使用に強い憧れを示したのも、時代の流れでしょうか…。

 このように、生徒は少人数のリラックスした雰囲気の中、自らが調べたことや考えたことをクラスメートにどんどん英語で発信していきます。英語力と自己発信力を鍛え、他人とより深く関わっていくための基礎を学んだ彼らが、今日の国際社会にこれからどう羽ばたいていくのか、今から楽しみです。