桐朋中学校・高等学校

進路サポート

  • 進路指導のステップ
  • 在校生・卒業生懇談会
  • 進路企画

進路指導のステップ

桐朋は、豊かな人間性と確かな学力を兼ね備えるバランスのとれた人間を育成したいと考えています。そこで、高1年では、将来の職業へのイメージを持ってもらうために、在校生・卒業生懇談会(在卒懇)を6月に行っています。10年前に卒業したOBから「進路とは」、「仕事とは」というテーマの話を聞きます。
卒業生の話は生徒に強い印象を与えます。これをひとつのきっかけにして、将来に向けての思いを巡らし、夏休みに全員が「私の将来」と題した作文を書き、冊子にまとめます。

高2の11月には、学問分野への探求を深めてもらうために、大学で研究をしている本校OBの研究者・教員から「大学とは」、「学問とは」をテーマに話を聞きます。
そして高3ではいよいよ最終的な大学の選択をします。
本校では、「自分は何をしたいのか」といった根本から考え始めてもらい、最終的に自分を生かす場として大学を選ぶよう促しています。
勉学のみならずクラブや委員会活動にも積極的に取り組み、充実した学校生活を送ってきた生徒一人ひとりが、志望する大学へ進学できるように、学校としてサポートしています。

サポート内容

在校生・卒業生懇談会

高1生、高2生を対象に、在校生と本校卒業生との懇談会を行い、生徒諸君にとって身近な存在である先輩から進路選択や実際の現場での話を聞き、進路を考えるきっかけにしています。

高校1年生「私の将来」を描く

社会の様々な分野で活躍している卒業生を20名程度招き、「仕事のやりがい」、「現在に至るまでの道のり」などについて具体的な話を、2時間にわたって各ホームルーム教室で、先輩から直接聞いています。この話をひとつのきっかけにして、将来に向けての思いを巡らし、夏休みには、高1生全員が「私の将来」と題した作文を書き、冊子にまとめ、お互いの刺激にもしています。

高校2年生「大学とは」、「学問とは」、
「自分は何をしたいのか」を考える

本校の卒業生で、大学や研究所に所属し、研究をし、教壇に立っている方を10数名講師として招き、「大学における講義や研究などの内容と、それを学ぶための幅広い基礎学力の重要性」、「大学生活を充実させるために、どのような姿勢で学部・学科の選定をすべきか」、「今大学はどのように動きつつあるのか」などについて、自分の志望に近いテーマを複数聞き、自らの志望校、学部、学科の検討の一助にしています。

高1 在卒懇 ゲストの顔ぶれ(2012年)
講話内容
  • 現在の仕事内容(面白さ、やりがい)
  • 職業人としての生き方(夢や目標)
  • 高校・大学時代の職業に対する意識
  • 大学での専攻と現在の仕事との関係
先輩たちの仕事
  • 金融/みずほ銀行
  • 法務/有限責任監査法人
  • メーカー/三菱重工業、日立製作所、キヤノン、小川香料、パナソニックヘルスケア
  • 小売り/AIカンパニー
  • 広告・出版/博報堂、旺文社、ファイナルイメージ
  • 医療/杏林大学医学部付属病院、相模原協同病院、順天堂病院
  • 自治体/清瀬市役所
  • 表現/音楽制作フリーランス、名脇役集団kasumi-sou
高2 在卒懇 ゲストの顔ぶれ(2012年)
講話内容
  • 専門分野について
  • 大学について
勤務先
  • 横浜国立大学大学院工学研究院
  • 青山学院大学法学部
  • 東京工業大学 大学院社会理工学部 価値システム専攻
  • 東京大学 大学院農学生命科学研究科
  • 東京慈恵会医科大学解剖学講座
  • 早稲田大学文学学術院
  • 東京大学 大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科
  • 東京理科大学理工学部
  • 千葉工業大学工学部・未来ロボティクス学科
  • 東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機会情報学専攻
  • 一橋大学イノベーション研究センター
  • 一橋大学・大学院国際企業戦略研究科
  • 東京大学法学部・法科大学院
  • 大阪大学大学院人間科学研究科

進路企画

定例で行われる「在校生・卒業生懇談会」の他にも、年間を通じてタイムリーに、生徒たちが将来を考えるきっかけを「進路企画」として自由参加で実施しています。進路企画は、学外から企画が持ち込まれることも多く、生徒の視野を広げる好機となっています。

これまでの進路企画実績

医学部生との進路懇談会
2017年2月

大学の医学部の1・2年に在籍している先輩(69期・70期卒業生)をお呼びしました。
それぞれの大学の特色や中高在学時の話題・勉強方法などを、医学部志望の現役生へアドバイスします。
参加者には先輩の「合格体験記」冊子を配布します。

実施
2017年2月18日
場所
国語教室
内容
・医学部紹介や医学について
・受験勉強や桐朋高校での過ごし方について など
40期卒業生対談「からだ」と「民主主義」
2016年11月

本校40期卒業生の矢田部英正さん(武蔵野美術大学身体文科研究室)と、同じく本校40期卒業生の宇野重規さん(東京大学社会科学研究所)による対談。
体と民主主義という一見無関係な2つの話題がつながっていく。西洋と東洋の価値観・文化の違いに関して考える。

実施
2016年11月21日
場所
多目的ラウンジ
内容
・大学研究室に所属する2人の卒業生による対談
・政治の原型と美的理想の起源について考える
医学部生との進路懇談会
2016年2月

昨年度に続いて医学生との懇親会です、大学の医学部の1,2年に在籍している先輩をお呼びします。
今年度は受験に対するグループワークも予定しております。医学部のお話から高校時代のお話まで、様々な事を語っていただきます。

実施
2016年2月27日
場所
数学教室
内容
・医学部紹介や医学について
・受験勉強や桐朋高校での過ごし方について など
東大卒業生による東大説明会
2015年10月

本校OB(65期)の東大卒業生の方々に、学生(学部生)時代とは違う視点から東大について語っていただきます。
説明の後は質問の時間も設けます。実際に就職活動を経験したOBも来てくださいますので、将来のためにとても役立つと思います。

実施
2015年10月3日
場所
視聴覚教室
内容
・東大卒業生視点での東大について
・東大卒業生への質問タイム など
医学部生との進路懇談会
2015年2月

大学の医学部の1・2年に在籍している先輩をお呼びします。いろいろな大学の先輩がいらっしゃいますから、それぞれの大学の特色など興味深い話も多いと思います。
また、医学部に興味を持っている生徒以外の人にとっても、高校での過ごし方など参考になる話がたくさんあると思います。

実施
2015年2月28日
場所
数学教室
内容
・医学部紹介や医学について
・受験勉強や桐朋高校での過ごし方について など
現役大学生との進路懇談会
2015年2月

本校卒業生の小林亮介さん(63期卒業生、Harvard 大学卒業)が中心となり結成された高校生の進路選択をサポートする学生団体(HCJI:Harvard College Japan Initiative)と、本校高校生との進路に関する懇談会を開催します。

実施
2015年2月7日
場所
国語教室
内容
・専攻や将来を考える上での意見交換
・参加大学生の方とのパネルディスカッション
・参加大学生の方とのフリートークセッション
東大法科大学院生による出張講義
2014年11月

身近な判例をもとに法律に関する講義を行います。また、「法律を学ぶとは」「法学部卒業後の進路」「東大ってどんな大学」といった話題にもふれます。

実施
2014年11月22日
場所
視聴覚教室(新校舎・教科教室棟 1F)
内容
法学部生の進路
講義、大学の説明、法律関係の実務
質疑応答
脳科学@桐朋 ②
2013年11月

実際にチョコレートを食べて、味覚に関する実験を行い、中・高生にも分かりやすい講義をします。心理学(特に実験心理学)に興味がある人は必聴の企画です。

実施
2013年11月20日
場所
視聴覚教室(新教科棟1F)
内容
講師:独立行政法人 農研機構 食品総合研究所 研究員 和田有史先生
・動物の脳の標本も見られる貴重な機会
脳科学@桐朋 ①
2013年11月

神経細胞の発生過程から、発生・発達段階の異常と疾患などの関連を研究している仲嶋先生の講義を聴きます。参加する生徒も蛍光顕微鏡を使って、細胞内の蛍光タンパク質を観察します。

実施
2013年11月19日
場所
視聴覚教室(新教科棟1F)
内容
講師:慶応大学医学部 解剖学教室教授 仲嶋一範先生
・講義および蛍光顕微鏡を使った細胞の観察
東大法科大学院生による出張講義
2013年10月

身近な判例をもとに法律に関する講義を行います。また、「法律を学ぶとは」「法学部卒業後の進路」「東大ってどんな大学」といった話題にもふれます。

実施
2013年10月5日
場所
視聴覚教室(教科教室棟1F)
内容
法学部生の進路
講義、大学の説明、法律関係の実務
日米現役大学生による座談会
2013年6月

桐朋OBでハーバード大学在学中の大学生が中心となり設立された学生団体H-LABの大学生と、日本の中学高校生との懇談会。

実施
2013年6月22日
場所
高3棟会議室
内容
大学での専攻や将来を考えるための意見交換。日米大学に関する情報交換など。
一橋大学、本校OBとの交流会およびキャンパス見学
2013年3月

各学部から1~2名のOBを募り、一橋大学の魅力や特徴を知る企画です。

実施
2013年3月15日
場所
視聴覚教室(教科教室棟1F)および一橋大キャンパス
内容
①本校OBとの交流会
②キャンパス見学
東京外国語大学キャンパス見学会と交流会
2013年1月

東京外国語大学のキャンパスの雰囲気を味わいつつ、学生生活についてのお話をうかがったり、気軽に質問をする機会を設けていただきました。

実施
2013年1月24日
場所
東京外国語大 府中キャンパス
内容
①キャンパス見学
②国際社会部長 現役大学生(桐朋OB含む)との交流会
日米現役大学生と高校生による座談会
2012年12月

桐朋OBでハーバード大学在学中の大学生が中心となり設立された学生団体H-LABの大学生と、日本の中学高校生との懇談会。

実施
2012年12月19日
場所
本校高3棟会議室
内容
大学での専攻や将来を考えるための意見交換。日米大学に関する情報交換など。
東京農工大工学部物理システム工学科・体験講座と研究室見学
2012年11月

大学で物理工学を学ぶことについて体験する企画。電磁誘導に関する実験を通じて「物性物理学」の世界の一端に触れました。

実施
2012年11月21日
場所
東京農工大 工学部
内容
体験講座「磁石が引き起こす現象」の実験と測定・観察
レクチャー&ディスカッション 脳の不思議
2012年6月

①「神経細胞とグリア細胞」、②「運動スキルと脳内メカニズム」、③「自閉症の世界と対人関係」のテーマによる講演とグループディスカッションへの参加により最新研究の成果に触れる機会を設けました。

実施
2012年6月15日
場所
本校高3棟会議室
内容
講演①~③とグループディスカッション「脳の不思議」
国立がんセンター名誉総長 垣添忠生先生集中講義「がんと人生」
2011年12月

本校OBで国立がんセンター名誉総長・財団法人対がん協会会長の垣添忠生先生による特別講義(3日間)が行われ、中3~高3約60名が参加しました。講義と討論会の構成により生徒に深い感銘を与えました。

実施
2011年12月17日~19日
場所
本校高3棟会議室
内容
「3日間の講義を通じて、桐朋の先輩の1人の70年にわたる人生から何かを感じ取って欲しい」(垣添先生)
脳科学への招待
2011年6月

①「脳を科学する~脳の創られ方」、②「脳を観る~イメージングの不思議」、③「脳を治す~診療の中から薬をみつける」のテーマによる講演とパネルディスカッションで中高生も共に活発なやりとりをしました。

実施
2011年6月17日
場所
本校高3棟会議室
内容
講演①~③とグループディスカッション「脳の魅力」
東大本郷キャンパス訪問
2011年3月

東大BAP(母校の後輩のために研究紹介をする大学公認団体)の主催により、桐朋生が東大本郷キャンパスを訪問し、先輩の研究室を見学したり、進路や研究に関する懇談をする貴重な体験をしました。

実施
2011年3月17日
場所
東京大学 本郷キャンパス
内容
本校OBによる研究内容のレクチャー。進路や研究に関する懇談。研究室訪問。
東京大学法科大学院生による出張教室
2010年2月

東京大学法科大学院の学生が「1日先生」となって、法律の基本となる考え方から、日常的な事例における法律の話まで、幅広くお話をしていただきました。

実施
2010年2月27日
場所
本校高3棟会議室
内容
①キャンパス見学
②国際社会部長 現役大学生(桐朋OB含む)との交流会
桐朋OBと在校生の語り合う会(第二回) ~医師のやりがい~
2010年2月

医師として、日々、患者と向き合い医療に取り組んでいるお二人に来ていただき、「医師のやりがい」をテーマに語り合いました。
矢島知治さん(桐朋39期生)慶應義塾大学医学部勤務、そして由井和也さん(桐朋39期)佐久総合病院小海分院勤務のご活躍ぶりにふれることで、生徒たちは新鮮な刺激を受けました。

実施
2010年2月6日
場所
本校視聴覚B教室
内容
第一部:OB2名からのお話
第二部:医師のやりがいをテーマにした懇談。
進行役は、潰瘍性大腸炎や胃癌を患った荒井高校部長が患者の立場も含めて担当した。
桐朋OBと在校生の語り合う会
2009年11月

NPO代表、ITベンチャーの起業家、日本初の地震専門の元受保険会社の創業者など、多彩な顔ぶれの桐朋OBを招き、在校生と懇談しました。

実施
2009年11月28日
場所
本校高3棟会議室
内容
ベンチャー企業を立ち上げ、自ら経営している本校OBを招き、少人数セッションと感想スピーチを行った。