桐朋中学校・高等学校

進路指導部主任メッセージ

進路は自分がどう生きるのか考えていく中で見えてくるものです。 進路指導部長 有村 大輔

進路選択というと、どこの大学に進学するかを決定することだと考えることも少なくありません。大学を選ぶことは、進路選択の大切な要素ではありますが、本校では進路選択をさらに広がりをもったものとしてとらえています。進路選択とは、自分は何を得意としていくのか、どのように社会に関わっていくのか、どのような職業に就きたいのか、どこの大学で何を学ぶのかといったことを総合的に考えていく作業ではないでしょうか。つまり、自分の生き方を考えていく中で、進学したい大学も見えてくるということです。そして、自分の生き方を考えるためには、毎日の学校生活に主体的に取り組むことが不可欠です。学習はもちろん、クラブ・委員会活動や行事への意欲的な参加、友人や教員との積極的な関わりによって築き上げた力が、自分の進路を切り拓いていくはずです。

以上のような考え方に基づき、本校では受験指導のみに偏ることなく、豊かな心と高い知性を兼ね備えた人間の育成を目指しております。そこで、次のような流れで、段階的に進路選択に向けたアプローチが行われます。まず高校1年次には、自分の興味関心・適性・能力を理解するとともに、職業に対する認識を深めることを目指します。夏休みには自分の将来を考察する作文を課し、2学期に「私の将来」と題する文集としてまとめて互いの考えの交流を図ります。そして、高校2年次には、進路情報を収集して学問分野への探求を深め、高校3年次の大学・学部選択へとつなげていきます。その際に、社会に出て間もない卒業生や研究に従事している卒業生を招いて在校生卒業生懇談会(在卒懇)を行ったり、様々な進路指導部企画を実施したり、担任との面談を行ったりして、生徒が具体的なイメージをもち、視野を広げながら考えていけるよう、配慮しております。また、本校では高校3年次まで文理混合のクラス編成を行っています。これは、様々な興味関心をもつ生徒が日々の生活をともに送ることによって、互いに刺激しあいながら成長していってもらいたいと考えているからです。授業以外にも、クラブ活動や放課後に行われる特別講座などを通して、自分の関心ある分野を探究しようとする生徒を、高い専門性をもった教員が支えていくというこれまでの桐朋教育の基本を維持しつつ、現在議論されている教育や入試制度の改革も視野に入れ、今後も一層充実した教育活動を目指します。

生徒一人ひとりが自主性を発揮しながら充実した学校生活を送り、自分の志す方向へと道を切り拓いていけるよう、本校では進路指導をしております。