桐朋中学校・高等学校

桐朋教育の6年間

  • 中学部長メッセージ
  • 高校部長メッセージ

Solid and Fundamental 中学では基盤づくり

基本的な学習習慣の確立

桐朋の自由は「育てる自由」です。6年間かけて自主的な態度を育てていきます。入学してきた生徒たちの最初の課題は基本的な学習習慣の確立。例えば、ほぼ毎日ある英語と数学の授業では、小テストを頻繁に実施し、毎日宿題が出されます。さらに、各自で進める学習として、英語では「基礎英語」を聞くこと、数学では『A級問題集』(本校数学科が執筆)を各自で取り組み定期的にノート提出することが要求されます。宿題と自主的な学習活動を組み合わせることにより、学習の意味を考えさせ、自分で生活を管理できるよう導いていきます。

人と人とのつながりが桐朋教育のみなもと

桐朋の教育の源は「人と人とのつながり」です。担任は自分の学年の生徒と6年間、生活のあらゆる側面にわたり、とことん付き合います。多感な中高時代ですから、生徒たちはさまざまな問題に直面します。その時に生徒を導く根源となるのは、こうして培った教員と生徒との信頼関係。教員の熱い思いが生徒を動かすのです。また、個性豊かな多彩な生徒が集まってくる桐朋では、生徒同士で受ける刺激も大きく、生徒が生徒を動かします。切磋琢磨して自分が成長するきっかけとなった友とは、一生の付き合いとなることでしょう。

勉強とクラブ活動が中学生の基本です

桐朋では「勉強もクラブも」です。勉強とクラブ活動(桐朋では部活をクラブ活動と呼びます)の両立が中学生の生活の基本です。クラブ活動の参加は自由ですが、中学生の参加率は100%以上。一人で2つ以上のクラブに参加している生徒もいるからです。1つのことをものにするには1つのことだけをやっていてはだめです。2つのことを同時にやることにより、時に一方が他方を補い、時に一方が他方を刺激し、両者共にどんどん成長していくものです。桐朋の中学生の生活は勉強をやり、放課後はクラブ活動で汗を流し、家に帰り宿題をして、くたくたになって寝る―それだけです。

専門性の高い教員集団が中学生の好奇心をくすぐります

桐朋には高い専門性を持った教員が集まっています。桐朋のリベラルな雰囲気の中、教員の研究意欲は高く、教職を続けながら自分の専門を研究し続け、学外の学会や研究会で活躍している教員も多くいます。私たちは、専門的な知識は中学生を教える時にこそ必要なものだと考えています。中学時代の感性の初々しい時期に、学問の面白さを知り尽くした教員から、学問の本質や研究に向かう姿勢を教わる醍醐味は、その生徒の一生を決めるきっかけとなるかもしれません。実際、そのような教員を自分のロールモデルとして、将来を考える生徒も出ています。

豊かな自然は豊かな心を育みます

桐朋まで是非一度歩いていらしてみてください。一橋大学のある大学町、国立の駅から南武線谷保駅に伸びる大学通りは、春は桜並木、夏は深緑のアーチ、秋は黄金色の銀杏、冬は凛と連なる冬木立と、日本の四季の移り変わりの美しさを見せてくれます。その大学通りの中間にあるのが桐朋。校門をくぐると、空気がさらに一変します。雑木林(桐朋では「みや林」と呼びます)の緑が、森に入った時に感じるしっとりとした空気で、訪れる人をほっとさせてくれます。生徒たちはこの緑の中で6年間を過ごします。休み時間には太陽いっぱいのバルコニーに出て、緑のエネルギーをいっぱいもらいます。太古から人間を育ててきた原点はこの豊かな自然ではなかったでしょうか。桐朋にはそんな自然があふれています。

中学では中身の詰まった基盤づくり(Solid and Fundamental)を目指します。

Authentic and Academic―桐朋文化の魅力 高校部長 中村 元

高い専任率と授業の質へのこだわり

桐朋高校は教員の専任率が高く(2014年度は総時数833のうち専任担当が654で78.5%)、かつ各教科が専門領域を網羅する人材をそろえています。カリキュラム編成に当っては、教科の経験を生かし、十分な議論を踏まえて組んでいるため、学年によって教育内容に差が出ることがありません。教科の話し合いから様々な自主教材も生まれています。学問の本質を志向する授業の質へのこだわりは桐朋アカデミズムの要です。

先輩から後輩へ引き継がれる文化

生徒にとっての桐朋文化は委員会・クラブにおいて顕著です。学校最大の行事である桐朋祭は高2の委員が中心になって企画・運営をしますが、毎年先輩たちの実績を参考にしながら、自分たちなりの工夫を凝らそうと計画を練っています。クラブの練習計画も同様で、教員が細かい指導をするまでもなく生徒たちが継承された経験を生かしています。それは普遍的な本物を追求する文化と言えるでしょう。

多様な個性を認め合う環境

桐朋は個性が尊重される学校です。何事も上手にこなす優等生もいますが、特定の科目だけ得意な人、運動能力のみ秀でた人、楽器名人、プログラミング名人、ある種の分野の才能や知識が突出した人、いわゆるおたく系の人も様々おり、そこに価値観の序列はありません。お互いが相手の才能を認め合っています。おおらかなマイペースは男子校ならではのもので、誰もが気の合った仲間に巡り合えます。

生徒にとって満足度の高い学園

情報までもが商品化して目まぐるしく移ろって行く現代社会において、十代の青少年が趣味や目標を共有し、充実した生活を送るのは何物にも代えがたいことではないでしょうか。桐朋ではそれが可能です。多くの卒業生が桐朋で得た一番大切なものは友人と答えています。息子も桐朋に入れたいと言う卒業生も枚挙にいとまがありません。一番大切なものとは言いかえれば、仲間との関係の中で価値を認められた自分自身の確立に他ならないでしょう。