桐朋中学校・高等学校

桐朋教育の6年間

  • 中学部長メッセージ
  • 高校部長メッセージ

Solid and Fundamental 中学では基盤づくり

基本的な学習習慣の確立

桐朋の自由は「育てる自由」です。6年間かけて自主的な態度を育てていきます。入学してきた生徒たちの最初の課題は基本的な学習習慣の確立。例えば、ほぼ毎日ある英語と数学の授業では、小テストを頻繁に実施し、毎日宿題が出されます。さらに、各自で進める学習として、英語では「基礎英語」を聞くこと、数学では『A級問題集』(本校数学科が執筆)を各自で取り組み定期的にノート提出することが要求されます。宿題と自主的な学習活動を組み合わせることにより、学習の意味を考えさせ、自分で生活を管理できるよう導いていきます。

人と人とのつながりが桐朋教育のみなもと

桐朋の教育の源は「人と人とのつながり」です。担任は自分の学年の生徒と6年間、生活のあらゆる側面にわたり、とことん付き合います。多感な中高時代ですから、生徒たちはさまざまな問題に直面します。その時に生徒を導く根源となるのは、こうして培った教員と生徒との信頼関係。教員の熱い思いが生徒を動かすのです。また、個性豊かな多彩な生徒が集まってくる桐朋では、生徒同士で受ける刺激も大きく、生徒が生徒を動かします。切磋琢磨して自分が成長するきっかけとなった友とは、一生の付き合いとなることでしょう。

勉強とクラブ活動が中学生の基本です

桐朋では「勉強もクラブも」です。勉強とクラブ活動(桐朋では部活をクラブ活動と呼びます)の両立が中学生の生活の基本です。クラブ活動の参加は自由ですが、中学生の参加率は100%以上。一人で2つ以上のクラブに参加している生徒もいるからです。1つのことをものにするには1つのことだけをやっていてはだめです。2つのことを同時にやることにより、時に一方が他方を補い、時に一方が他方を刺激し、両者共にどんどん成長していくものです。桐朋の中学生の生活は勉強をやり、放課後はクラブ活動で汗を流し、家に帰り宿題をして、くたくたになって寝る―それだけです。

専門性の高い教員集団が中学生の好奇心をくすぐります

桐朋には高い専門性を持った教員が集まっています。桐朋のリベラルな雰囲気の中、教員の研究意欲は高く、教職を続けながら自分の専門を研究し続け、学外の学会や研究会で活躍している教員も多くいます。私たちは、専門的な知識は中学生を教える時にこそ必要なものだと考えています。中学時代の感性の初々しい時期に、学問の面白さを知り尽くした教員から、学問の本質や研究に向かう姿勢を教わる醍醐味は、その生徒の一生を決めるきっかけとなるかもしれません。実際、そのような教員を自分のロールモデルとして、将来を考える生徒も出ています。

豊かな自然は豊かな心を育みます

桐朋まで是非一度歩いていらしてみてください。一橋大学のある大学町、国立の駅から南武線谷保駅に伸びる大学通りは、春は桜並木、夏は深緑のアーチ、秋は黄金色の銀杏、冬は凛と連なる冬木立と、日本の四季の移り変わりの美しさを見せてくれます。その大学通りの中間にあるのが桐朋。校門をくぐると、空気がさらに一変します。雑木林(桐朋では「みや林」と呼びます)の緑が、森に入った時に感じるしっとりとした空気で、訪れる人をほっとさせてくれます。生徒たちはこの緑の中で6年間を過ごします。休み時間には太陽いっぱいのバルコニーに出て、緑のエネルギーをいっぱいもらいます。太古から人間を育ててきた原点はこの豊かな自然ではなかったでしょうか。桐朋にはそんな自然があふれています。

中学では中身の詰まった基盤づくり(Solid and Fundamental)を目指します。

Authentic and Academic―桐朋文化の魅力 高校部長 原口 大介

桐朋高校を卒業する際、多くの諸君が「やりたいことが思う存分できた」「良い仲間とともに過ごせた」などの感想を語ってくれます。その理由として、桐朋には自分自身を表現し高めることのできる環境が整っていることが挙げられます。

1 伝統に育まれた自主の精神

桐朋の教育において最も大切にしているのが自主の精神です。実際、自らの世界の構築に積極的に取り組んでいる生徒がたくさんいます。納得のいくまで学問を探究する姿勢、全国大会での活躍を真剣に目指し自主練習に励むクラブ活動、願い通りの行事にしたいと懸命に取り組む生徒会、委員会の活動など、さまざまな場で、理想の実現に向け、努力を重ねる姿を目にすることができます。こうした環境に身を置き刺激を受ける中で、「自主の精神」の魅力に目覚め、自ずと「桐朋生」となって伝統を受け継ぎ、後輩の模範となる存在に成長していくのだと思います。

2 個性を認め、互いに高め合える仲間

自主の精神のもと、桐朋生は個性を発揮します。学業、クラブでの活躍だけでなく、リーダー、縁の下の力持ち、コツコツとした努力家、ムードメーカーなど、それぞれの個性が花開くとともに、クラスであれ、クラブであれ、一体感のある仲間意識を生んでいきます。私自身も桐朋高校出身ですが、高3のクラスメイト全員が、「頭の回転が速い」「運動能力が高い」「知的探究心が並々でない」「リーダーシップがある」「ユーモアに富む」など、自分より優れた、魅力的な長所の持ち主であると実感しました。お互いの個性を認め合う気風が、自分らしさを発揮できる環境を支えているのだと思います。また、高校から入学した生徒の多くが、中学の頃と比較して、学業への意識が高く、知的刺激に富む仲間と過ごせたことで、自分も変わることができたと語ってくれています。

3 専門性が高く、生徒と気心の知れた間柄である教師陣

生徒の自主を支えるのが教職員です。専門性の高さを学外でも評価され、教材の作成、ラジオ講座の講師として活躍している者、オリンピック候補選手に選ばれるなど競技を極めてきた者、専門分野だけでなく趣味の世界でもマニアックに取り組む者など、多種多様な教員の存在が刺激となり、生徒一人ひとりが自己を確立する意識を高めるきっかけになっています。また、本校は担任持ち上がり制で、学年を構成する担任陣が3年間さらには卒業後も生徒個々と深く関わり、気心の知れた間柄になっています。桐朋の特徴として、生徒と教員の結びつきの強さを挙げる卒業生も多数います。

4 思う存分活動することのできる充実した施設

創立75周年を記念した校舎の建て替えが2016年度に完成し、新たな環境に生まれ変わりました。高校の施設としては稀なプラネタリウムや天文ドーム、本格的な実験を安心・安全に行える理科の実験室、英語の「話す」「聞く」の技能の向上に繋がるCALL教室、男子校でありながら本格的な実習のできる設備を備えた家庭科教室など、充実した授業の展開できる教室を整えました。また、サッカー・ラグビー場とは別に野球場もある広大なグラウンド、5つの部屋を備え、種目に合った床ダンパーにより運動ストレスからの障害を予防する体育館、25mのプールなど、各種競技に思う存分取り組むことができます。

これからの時代に求められる資質として、「先行きの不透明な時代であるからこそ、多様な人々と協力しながら主体性を持って人生を切り開いていく力が重要になるということである。また、知識の量だけでなく、混とんとした状況の中に問題を発見し、答えを生み出し、新たな価値を創造していくための資質や能力が重要になるということである」(高大接続システム改革会議「最終報告」2016年3月)と提起されています。受け身で学ぶのではなく、自ら考え主体的に取り組む姿勢を育むこと、まさに、桐朋が大切にしている「自主の精神」を養い、将来を切り開く力を体得することが肝要なのです。桐朋という環境を活かすのはきみ自身です。われわれと共に学び、新たな社会を築いていきましょう。