Student's Board 生徒たちが思い思いにつづる学園ブログです

進路部企画「仕事に活かす語学力」に参加して

3
Mar
13

2月24日に社会で活躍されている三人のOBの方が講演会をしに桐朋へいらっしゃいました。環境省、日本銀行、エンジニアで活躍されている方々です。テーマは「仕事で活かす語学力」。近年、どんどん重要性が高まってきているこのことに関しての具体的な話を聞かせていただけました。例えば、国連会議の休憩時間での経験から気軽に使える会話英語の有用性のことを教えてくださいました。また、日銀における仕事では、外国の中央銀行の資料などを読んだりするため、実は英語を多用しているという話をしてくださいました。さらに、常にインターネットのチャットで開発者による最新の議論が行われているため、それらを取り込むには英語が不可欠とのことでした 将来的な観点の話も伺いました。御三方は、「英語はもはやオプションではなくなってきている」とおっしゃっています。つまり、今まで、英語の技能を持っていることが自分の人材としての市場価値を高めて、就職を有利に進めることができていたが、最近では英語の能力はもう当たり前に求められてきているというのです。これからは中国語などの第二外国語学習を採用する中学・高校も数が増えてくるかもしれません。
最後に、仕事のやりがいについて伺うと、それぞれ「後世のために残る条約や決まり事を残せること」、「大組織の決定に携われること」、「人の役に立つアプリケーションを作れること」とおっしゃっていました。人に必要とされることや、未来に貢献すること。そのことが仕事のやりがい、果ては一人の人としての生きがいになるのかもしれないと感じました。今後の自分にとって多いにためになる貴重な機会でした。

高校1年 Z・I君